おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
岩本ナオ「金の国 水の国」

初版'16年の小学館フラワーコミックスαスペシャル、バイブル版のブック・デザインが好いですね…っていうか、デザインの黒木香は同姓同名なだけですか?
それはさておき、作者は今も某県在住なのでしょうか…って、それもさておき。
久々の、所謂“オアシス都市と周辺部族”設物「雨無村」作者とは意外だわ…いや「マロニエ王国」も確かにテイストは近かったけどね、基本的にリアル寄りの設定で描く人かと勝手に思ってたので。
隣同士でいがみ合うA国とB国が戦争になり、神様は「A国は一番美しい娘を、B国は一番賢い若者を相手の国に嫁がせなさい」と。

すんげーザックリした始まり方で笑うわ、もう神様の出番ないし!…しかも仲立ちしてもらっといてA国は子猫を、B国は仔犬を贈るたぁ大した根性だわな〜?
美しいA国の娘(子猫)の嫁ぎ相手はB国族長の指名で無職の青年ナランバヤル、賢いB国の青年(仔犬)はA国の第93王女サーラ姫へ。
既に察しは付きますよね、ナラン(以下略)とサーラは偶然出会って仲良しに。笑
A国は交易の要衝として栄えてはいるものの国土は涸れて砂と岩、B国は貧しいながらも自然に恵まれております…そしてナランは失政の煽りで仕事がないものの賢い青年で、サーラは心の優しいチャリポツ少女。
(下段に続きます)


〈岩本ナオ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】「Yesterday, Yes a day」| 2016.03.30
【最近読んだマンガ】「雨無村役場産業課兼観光課」1巻| 2016.06.07
【最近読んだマンガ】「雨無村役場産業課兼観光課」2巻| 2016.06.18
【最近読んだマンガ】「雨無村役場産業課兼観光課」3巻| 2016.06.23
【最近読んだマンガ】「マロニエ王国の七人の騎士」1巻| 2018.06.21
【最近読んだマンガ】「スケルトン・イン・ザ・クローゼット」| 2020.02.15

導入部は雑だけど本筋はバッチリですよ、水不足が深刻化するA国に自国から水路を開き国交回復に繋げようとするナランの頭脳戦と彼に惹かれていくサーラの乙女心とが同時進行で描かれます…タカ派の右大臣と王vs.イケメン左大臣&天下無双トップ3王女という構図を見抜いた職人気質なナラン、一方で彼が妻帯者と聞かされるわB国のイジワル族長から小馬鹿にされるわで心揺れるサーラ。
彼女は「名ばかりの王女で姉上たちのような発言力も美貌もない」と弁(わきま)えているだけに、自分の魅力が見えてないんですな。
でも現実は案外さ、サーラみたいのがモテるんだわ!

その辺りは作者も心得てるから、こういうキャラをよく使うんだよね…そんでもって内面の可愛さを言葉や動きの端々に見せるのも上手いとか、策士よのぅ。笑
ただね、相変わらず分かりにくい描き方してる箇所があるのが惜しいな…例えば回想シーンみたく台詞なしで状況を伝えたい時に、何故かトリッキーな視点や構図を入れたりするパターンは工夫の余地大有りです。
だけど根っからの悪党とか愛憎ドロドロとかない作風だから僕は好きです、優しい世界の小さな波風で物語を紡げるのは正に才能。
しかし僕も涙もろくなってんのか、このクライマックスでウルっちゃうとは!笑

クライマックスへの城中立ち回りも好い感じに「カリ城」を連想させてくれるし、目で語る物騒なライララとか世紀末伝説的インテリ組とか腹をくくるバウラとかの脇役も効いてました。
描かれてない裏設定がしっかりしてそうだから、この世界で話を拡げてくれたらなぁ…もしかしたら最初から「マロニエ王国」と繋がってたりしてね、むしろそうしちゃってもOKよ?笑
ちょっと読み返してみて巧みな伏線の仕込み方に気付きました、やっぱりライララはレオポルディーネ第一王女の母親じゃなかったのね…王女の意味深な眼差しも腑に落ちましたが、聖哉&皇至が漢字なのは何故?
0
    | comic | 2020.01.04 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top