おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みた夢
台湾の湖と酩酊状態と海沿いキャンプ


そこは台湾のどこか、美しい湖畔の眺めで知られる景勝地だ。
僕は(飛行機の乗り継ぎ場所)といったような感覚で、観光客のごった返す建物の中にいる。
壁いっぱいの窓からは、四方に湖畔の風景が見える。
中国や韓国からの訪問客も多いらしく、それぞれの言語で別の階にある専用カウンターへの案内表示が用意されているようだ。
僕は例によって一人旅だし、敢えて日本人向けの案内を探そうともせず台湾国内の案内もあるだろうと思っている。
しばらくここで待たなければならない事は分かっていたので、とりあえずフロアに点在する平たいソファーに腰を下ろした。
花蓮/鯉魚潭(←左クリックで拡大表示されます)
(下段に続きます、割と長文)


〈台湾〉関連記事:
【最近みた夢】置き土産、絡むオバサン、DQNクレーマー| 2007.10.25
【最近みた夢】1・なんとか話題をそらそうとする夢| 2008.02.21
【最近みた夢】夜の夢(トニーと夜遊び)| 2008.12.05
【最近みた夢】本屋〜食堂〜店車| 2009.01.05
【最近読んだ本】ジミー〈幾米〉(作・絵)、岸田登美子(訳)「ブルー・ストーン」| 2009.02.09
【最近読んだ本】日本郵船株式会社 広報グループ・編「航跡」| 2009.08.13
【最近読んだ本】リービ英雄「ヘンリーたけしレウィツキーの夏の紀行」| 2009.09.09
【昨日の脳内BGM】BoA「Quincy」| 2011.01.08
【最近みた夢】台湾夜市の食べ歩き| 2011.04.19
【最近読んだマンガ】石川雅之「もやしもん」9巻| 2011.12.03
【最近やったゲーム】PS1ソフト「フロントミッション サード」| 2012.09.13
【最近読んだ本】有楽企画・編「よその国ではどーやってるの?」| 2014.02.06
【最近読んだ本】西山芳一「美しい土木・建築中」| 2015.04.10
【最近読んだマンガ】五十嵐大介「魔女」第一集| 2014.04.13
【最近みた夢】台湾ひとり途中下車の旅| 2015.07.19
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】高橋義夫「南海血風録」| 2015.12.05
【最近読んだ本】林ナツミ「本日の浮遊」| 2016.10.06
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近みたDVD】「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE in 台湾」| 2018.10.10
【最近行ったところ】台湾| 2018.12.10

左隣にいた男性たちが缶ビールを飲んでいる事に気付き、僕も近くの棚にあった缶ビールを手にした。
その瞬間に(これは彼らの買った物だ)と直感して振り向くと、男性の一人が手を伸ばしかけたまま固まっていたので笑いながらジェスチャーで謝罪し買いに行く。
どうやら僕も自分で買っていた分を明けてしまい、この失態で自分が酩酊状態にある事にあると自覚した。
自販機は薬局の脇にある避妊具の自販機に似ていて、缶ビール用にしては小さ過ぎるし商品サンプルの小窓もない怪しさだった。
しかも自販機は壊れていて、硬貨を何枚投入しても反応がなかった。

その自販機は中国客の乗り継ぎゲート付近にあったので、僕の様子を見ていた何人かが中国語でなんやかんや親切心から助言してくれていたが僕にはさっぱり。
酔いも手伝って「大丈夫、大丈夫」とヘラヘラしながら面白がって小銭を入れ続け、内心では自分が持っている大量の硬貨に尋常ではない気がし始めていた。
周囲の声に係員が飛んで来て僕を制止し、自販機を開けると冗談みたいに硬貨が床に溢れて僕は笑い転げた。
(こりゃ相当酔ってるわ)と他人事みたく思いながら、自分の間抜けさが可笑しくて笑いが止まらない。
でも雰囲気的に気まずく、冷静になり係員に謝る。

係員は周囲の親切な中国人たちから経緯を知り、僕に何か言っていたが僕は頭が回らず分かったふりをして穏便に済まそうとする。
硬貨は係員が回収して持ち去ったが、僕は小銭入れが軽くなり精々したので何の不安も感じてはいない。
その場から離れて、窓から湖の景色を眺めている内に(本当にココは花蓮か?)という疑問が浮かんだ。
実際に花蓮という地名があるかは知らないが、夢の中で僕はそこを「台湾でも有名な花蓮湖」として認識していた。
そしてガイドブックなどで見た現地の写真と、目の前の風景とが全然一致しないと思っていた。

写真の湖は平地にあり、邪魔臭い程の中華的な装飾品が全体に散乱していた筈だ。
しかし窓から見える湖は青々とした山に囲まれ、まるで日本にありがちな飾り気のない湖だった。
この疑念を掘り下げようとしていたら、ふいに日本語が耳に入った。
女性の団体客が仲間に話し掛けていて、屋内を見回すと僕は自分の乗り継ぎが気になってきた。
既に次の便を確保して乗り継ぎ待ちをしているのかと思っていたが、考えてみれば僕の行動パターンにしては計画的すぎた。
それに僕が景勝地の観光に来る訳がない、僕は花蓮を経由地として適当に選んだだけだったのだ。

となると(じゃあ荷物は?)と疑問に思いそうなものだが、そこまでは考えていなかった。
宿に荷物を置いて動いてる最中なのか、酔っ払っていて単に頭が働かないのか?
とにかく次の行き先を決めるべく、案内板を見に行った。
どうやら現在地は台湾の南寄りに位置しているようだったが、僕には珍しく東側に来ていたようだ。
しかも花蓮は海辺の町らしく、発着している国内便は同じ海沿いの北と南に1本ずつしかないらしい。
僕の場合は当然ながら選択肢は南の町になるが、そこは地形で判断すると東港のようだ。

東港は現実にも存在する町ではあるものの、本来であれば台湾の西側にある。
まるで地図の左右が反転しているようだが、僕は単に(なんかなぁ)としか思わない。
その直感的な引っ掛かりと、東港では調子を崩す事が多かったので気乗りしなかった。

ここで朝方にみた夢は終わるのだが、昼のうたた寝中に見た夢が微妙に設定を引きずっていた気がするので続きという扱いで書いておく。

僕は急な坂を下っていた。
気持ちの中では花蓮のターミナルから出て、海岸線に沿った道を南に行こうと決めたようだった。
それは崖の上からつづら折りになっている、車1台分くらいの舗装された道だった。
路面には全体に足幅くらいの円い溝が点々とあったので、アスファルトではなくコンクリートだと思う。
下りきった先には、海岸道路に面した崖下に人が集まっているのが見えた。
山小屋風の建物に若者たちがいるので、この先の行き方などを訊いてみる事にする。
空は薄曇りで、あまりキャンプ日和とは言えないが蒸し暑い。

僕は普通に日本語で話し掛けていて、彼らもまた普通に日本語で返してきた。
という事は、僕が起きている間に設定が日本国内に変更されたのだろうが疑念は生じない。
最初に声を掛けた青年は、紺のタンクトップで筋骨逞しく日焼けしていた。
しかし他の若者と荷物運びの最中らしく、忙しそうに会話を打ち切られた。
傍にいた別の青年を見ると、彼は以前に小学校の移動教室でお世話になった教員で僕は驚いた。
他人の空似だろうと思いながらも、声や仕草や服の趣味まで同じ気がする。
つまりキャンプにしては上品というか洒落ていたし、他の若者たちと違って暇そうだったので別グループなのかもしれなかった。

彼の丁寧な応対で、直近の町までは大して歩かなくても着けそうだと分かった。
地元ではないので詳しくは知らないと言っていたが、僕は町まで行けばまた情報収集して移動プランを立てるのだから問題ない。
彼に好感を抱いた僕は、彼も分かってはいるであろう危険性を忠告せずにいられなかった。
この場所が、うねるような海岸道路の最も低い位置にある事。
しかもV字型に食い込むような海岸線で、遠くの砂浜から勢いを増した波がガードレールの手前まで押し寄せている事。
更に崖の真下である事から、強風や降雨の可能性を鑑みずとも非常に危険な立地であるので場所を変えるべきだと。

やはり彼も僕の懸念は事前に承知していたようだが、最後まで真剣に耳を傾けてくれた。
その上で「分かっています、ご心配なく」と言うので、僕も「余計なお節介を焼いてしまったね」と答えて彼と別れたところで目が覚めた。


後からググってみたら、本当に花蓮という地名が台湾東部にありました…しかも鯉魚潭という湖もあり、夢で見たような山々に囲まれた静かな湖畔みたいです。
台湾の湖って、僕のイメージでは高雄の蓮池潭っぽいゴテゴテした感じだったので実在するとは思ってもみませんでした。
ただ、花蓮県から南って台東空港には飛行機で行けないのね…花蓮空港からは西岸の三大都市にしか便がないし、って夢と完全に一致してる筈ないですけど。笑
あと夢の中で酩酊したのは初めてです、なかなかリアルに酔っ払った気分でしたよ!…しかし酔ってる設定とは夢も考えたよなー、あんまり僕が設定の矛盾点を気にするから対抗措置を打ったのでしょうな?

それと崖下の海は、僕が勝手に想像している台湾東部そのまんまでした…日本海的な、曇天&荒波っていうね。笑
しかしガードレールまで押し寄せて来た波は、本当に怖かった!
やっぱり東側に敢えて行く気にはなれないわ、そういうのを台湾に求めてないんです僕は。笑
でも全体的には悪夢じゃないし、気分は大体ビールでハッピーだったけど楽しい夢って訳でもなかったなぁ。
0
    | in sleep | 2019.10.25 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top