おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
ちばてつや「ちばてつや漫画館」

(えっ、これ漫画扱いにしちゃう?確かに漫画のほうが比率は高いけど、扱いとしては本じゃないの?)
…と、迷ったものの僕の判断で漫画としました。笑
作者自身の特別描き下ろしや奥さんチバユキコ特製の描き下ろし「ちばてつや・きせかえ日記」を含め10本の漫画を収録、その合間にも絵入りの作品リストや同業者からのお祝いイラスト紹介などで活字のページなんて1割未満でしょ。笑
序文の「普及版出版にあたって」には、画業42年を迎えて開催された「原画展」の展覧会図録として出版されたとあります…このサイズで普及版って、オリジナル版は倍ぐらいあったの?

作者の作品を読んだのは、先日の「マンガでわかる戦後ニッポン」が初めてだったんですよ…もちろん「あしたのジョー」は映画も観たから部分的には原作も見てたと思いますが、印象としては僕の兄貴世代が読む漫画であり漫画家でした。
スポ根やバンカラといった漫画はオワコンで、ボクシング漫画なら「リンかけ」でしたからね…ところが「マンガで〜」に収録されてた作者の漫画を読んで、ずっと先入観で食わず嫌いしてたなぁと後悔しまして。
その後悔が、図書館の書棚から本書を見出だしたのでしょう…既に借りようとしてた分で手一杯でしたけど、出会いは一期一会さ!笑

「マンガで〜」収録作も逸早く環境破壊への警鐘が込められていましたが、その辺は声高にならず一貫していますね…そして満州引き揚げ時の恩人やデビュー時の編集者への義理堅さ、未だ連載を抱える現役という息の長さにも驚きました。
石ノ森章太郎らトキワ荘の漫画家に手伝ってもらったり、つのだじろうから「ちゃんと描け」と手紙を貰ったりした逸話も興味深いです…それにしても作者の描く少女が、今になって可愛く思えるのは何故だろう?
まぁこのボリュームで税抜き2千円というのは非常に安いですね、初版'97年のメディアファクトリー刊。
0
    | comic | 2020.01.28 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top