ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
PETE LA ROCA「BASRA」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

これまた動画サイトで聴いた「Lazy afternoon」が気に入って、アルバムで聴いてみたくなった次第です。
Wikipedia情報によればピート・ラロカはティンバレス奏者からドラマーに転身したそうで、'65年に本作をブルーノートからリリース…'68年にジャズマンから弁護士になってチック・コリアを訴え、'79年にジャズ界へ復帰と特異なキャリアの持ち主のようです。
しかし自身のリーダー作にしては、スティーヴ・スワローのベース共々やけに奥まってますな…ジョー・ヘンダーソンのテナーが主役みたいで、隙間はスティーブ・キューンの内省的なピアノが埋めてる的な印象。

「Lazy〜」の、若干ロニー・リストン・スミスっぽいスペーシーなジャズを期待してたんですが…個人的にちょっとテナーが鬱陶しい感じです、特に4曲目の表題曲なんかはJ.J.ジョンソン「Aquarius」みたいな静けさが台無しですよ。
そんな中にあって「Lazy〜」以降は怒られてションボリしたようなテナーの抜け加減が程好く、ちょっとリリカルでECMっぽいキューンのピアノが前に出てスワローのミニマルな低音とでロカは最低限だけ叩いてる感じなんだけど…やっと6曲目でバランス取れたと思ったらオシマイと、約40分があっという間でした。
ま、好みの問題ですがね。

ですから逆に、テナー主体で聴きたいリスナーにとっては前半の方が好ましいのでしょう…とはいえスピーカーではテナーだけ浮いてたのが、ヘッドホンで聴いたらピートのドラミングも手数だらけで賑やかです。
やはり再生環境を変えてみると、こう聴こえ方が違っちゃうんだよな…キューンのピアノもスピーカーで聴いたより前半は起伏があり、曲半ばで(辛抱堪らん!)的に競り出してくるし。笑
しかしピートの手数にはラテンの匂いがしますね、単なるイメージですが…それでいてラテンというには微妙にエキゾチックで、なかなかクセになる味わいが。
ただし再生環境は重要。笑
0
    | music | 2019.12.19 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top