ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
ワッキー貝山(集)、池田浩明(著)「愛しのインチキガチャガチャ大全 ―コスモスのすべて―」

ガチャガチャとは、主に駄菓子屋の店先に置かれていたアレの事です…いつしか20円から100円とか200円もするようになって、呼び名もガシャポンやらカプセルトイなんて変わったりもしたようですけども。
また最近のソシャゲーに特有な「ガチャ課金」の語源というか由来ですね、そのガチャガチャに「ハズレ」という画期的な概念を持ち込んだのが元祖インチキガチャガチャのコスモスだったとは…同業他社の商品から金型を起こしたりブロマイドや印刷物を無断でコピーしたりの雑さ、バレても商品名だけ変えるという夜店レベルのふてぶてしさ。
読めば呆れる伝説の数々!

'77年に埼玉で創業し、いきなりスーパーカー消しゴムでブレイク…社内一環製造による対応の早さと大量の筐体設置で同業他社を圧倒し一気にシェア拡大、しかし「ビックリマン」逮捕でのイメージダウンとボックス筐体の借金が嵩んでバブル絶頂期に倒産ですか。
まさに時代の仇花、時代のユルさを感じます…逆に言えば、こういう阿漕さが権益の強化を促したのかも。
しかも消しゴムを謳いながら消せないとか、うどん粉の偽スライムが腐るとかPL法にも寄与したのでは?
当たりが出ないように詰める社員vs.葉っぱコインで全出しする子供の騙し合いも、今では笑い話です。

“製造直売”“シェア80%”の台紙、コスモス提供の「アクロバンチ」…路傍の古仏にも似た祈るような想像力が求められる、いや著作権の言い逃れにもなる“キャラクターグッズとして成立する最低ライン”!
売れ残りを合成した「スターの香り」や“「うまい棒」ほどにも似ていない” ドラえもん、ご存知ロッチのビックリマンなど“悲しいものは必ずコスモス製”とキャプションも一々最高!
まさに昭和の末の小宇宙、無意味なマルCの刻印に“あらゆる境界が動揺する”…ゴミで遊ぶという提案は情報ビジネスの先駆けか、あるいは見立てを先んじたミニチュア・アートか?

そして“宇宙のすべてを封じ込め”遂にカプセルをカプセルに押し込めた“無用の用”は、最早どこまでがハズレとなるのか?笑
コスモスは、実社会に現れた“少年の心を持った大人”たちだったのでしょう。
大層な部署名を本部デスクに1つずつ置くなど、いかにも肩書きごっこですな?
悪気なく小銭を絞り、肥えたら商社に食われちゃう。
10万点を越えるガチャガチャコレクターにより陽の目を見た驚き(&苦笑)の裏側、初版'13年の双葉社刊。
愛しのインチキガチャガチャ コスモス大全(←左クリックで拡大表示されます)

補足:Wikipedia情報によれば「ガシャポン」はバンダイナムコの、「ガチャ」はタカラトミーアーツの登録商標だそうです。笑


〈昭和・サブカル〉関係あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】佐原晃「時空改変空母 越後 大和の帰還」| 2007.08.12
【最近読んだマンガ】藤原カムイ「ウルトラQ Unbalance zone」全2巻| 2008.01.16
【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
【最近読んだ本】片岡義男「名残りの東京」| 2009.11.21
【最近読んだマンガ】平井和正(原作)、石ノ森章太郎(画)「幻魔大戦」全2巻| 2010.06.30
【最近聴いたCD】伊藤克己・監修「サウン道」VOL.1&2| 2010.10.14
【最近読んだマンガ】水木しげる「水木しげるのノストラダムス大予言」下巻| 2010.11.26
【最近聴いたCD】はっぴいえんど「HAPPY END」「SINGLES」| 2010.12.18
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】田中長徳「トウキョウ今昔 1966・2006」 | 2011.06.16
【最近読んだ本】ロバート・ホワイティング「東京アンダーワールド」| 2011.07.26
【最近読んだ本】田附勝「DECOTORA」| 2011.12.17
【最近読んだ本】片岡義男「花のある静かな休日」| 2012.01.01
【最近読んだ本】椎名誠「さらば国分寺書店のオババ」| 2012.05.26
【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
【最近聴いたCD】見砂直照と東京キューバン・ボーイズ「津軽の休日/メモリーズ・オブ・ジャパン〜ラテンリズムによる日本民謡集」| 2012.10.12
【最近読んだ本】君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」 | 2013.05.18
【最近読んだ本】小泉和子「昭和 台所なつかし図鑑」| 2013.10.09
【最近みたビデオ】「白鳥の歌なんか聞えない」| 2014.01.03
【最近みたDVD】「再会」| 2014.01.06
【最近みたDVD】「殺人遊戯」| 2014.01.09
【最近みたDVD】「新 高校生ブルース」| 2014.01.21
【最近みたDVD】「エデンの海」| 2014.02.08
【最近読んだ本】池波正太郎「東京の情景」| 2014.06.01
【最近読んだ本】渡辺眸「1968新宿」 | 2015.02.18
【最近読んだ本】湯川豊彦、浅岡敬史「超ロングセラー 絶滅寸前商品」| 2015.07.24
【最近行ったところ】企画展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」| 2015.07.30
【最近聴いたCD】V.A.「筒見京平 トリビュート the popular music」| 2016.04.07
【最近みたDVD】「君が若者なら」| 2016.11.03
【最近読んだ本】河野典生「いつか、ギラギラする日々」| 2017.03.12
【最近みたビデオ】「おさな妻」| 2017.12.13
【最近みたDVD】「キッドナップ・ブルース」| 2018.01.01
【最近みたDVD】「夢みるように眠りたい」(再視聴)| 2018.01.23
【最近みたDVD】「プロハンター M&R DETECTIVE OFFICE」VOL.1| 2018.04.26
【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展 | 2018.11.10
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
【最近読んだマンガ】 V.A.「マンガでわかる戦後ニッポン」 | 2019.12.12
【最近読んだ本】中柳豪文「日本昭和トンデモ児童書大全」| 2020.02.09
0
    | books | 2020.01.24 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top