ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

なんだか勿体ぶったアバンで不安にさせないでよ、ちょうど「盾の勇者の成り上がり」でガッカリしてたんだからさ…よく分からないまま(どっかで見たような)程度で借りてみたけど、原作に菅野ひろゆきの名を見て合点が行きましたよ。
PS1のゲームソフト「エクソダスギルティー」を作った人が手掛けた、PCゲームのタイトルでしたよね?
独自のシステムで複雑な分岐を仕込んだゲームだった筈だけど、そんなマルチエンドを如何に落とし込んだのかな…まさか「楯の〜」みたいなクズエンドを迎えませんよう、でもまぁOP曲が90年代アニソンっぽいので大丈夫でしょう。笑

考古学者の父親を亡くした高校生タクヤを巡るお色気美女&美少女たち、ジオテク社の研究に絡むキナ臭い気配…うーん構図が「エクソダス〜」そっくり、この菅野テイストはラノベという新世紀日本文化の土壌となったに違いありません。
伝奇ロマンと並列世界、今も父と母は生きている?…タクヤが巻き込まれた父の計画とは、謎めいた転校生やエルフ耳の少女は何者?と土台は割とサスペンス。
まぁ昔のジュブナイルSFにもありそうな感じだし、今のラノベでも通用しそうなんですが…初回は人物紹介と状況説明メイン、2話目は謎掛け&更なる不思議に溢れるお膳立てでした。

しかしWikipedia情報を確認して驚いたのは、本作が'19年のアニメだったという事です…原作で菅野と併記されていたMAGES.というゲーム会社によってリメイクされたのを受けてアニメ化されたらしく、オリジナル版のゲームが発売された'96年に敢えて時代を設定したのはリスペクトから?
それとも現代に置き換えたらストーリー的に破綻しちゃうのか、あるいは現代の視聴者にネットすら普及していない状況で悶々とさせたいのか…窮地を時間の巻き戻しで打開するとか面白そうではあるんですけど、何故だか続きを観る気が湧いてこないんだよなぁ。笑
ま、気が変わったらね。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その57
0
    | animation | 2020.01.03 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top