ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
こうの史代「ギカタウン 漫符図鑑」

作者の母は“まんがが読めない人”だったそうです。
“読み方がわからない”とは、どういう事なのか…確かにページ内のコマ割は読み進める順序が暗黙の了解になっていて、段毎に右から左へと“まあ新聞の紙面に近い感じ”ではあれど僕もたまに凝ったコマ割だと混乱させられるからなぁ。
そして「〜戯画」から既に描かれていた、コマの描写に動きを与える記号線…即ち“漫符”という表現も、漫画を読み慣れていないと戸惑ってしまう訳ですね。
特に誰が定めた訳でもなく、また時代を追って新たに生まれたりもする記号…説明的な絵や文字を省き、一目で伝える丁符なのです。

まるで門外漢には分からない、いわば能の舞台や面の約束事みたいですね…ドラマやアニメの「あるあるネタ」だって、元を正せば簡略表現だったりしますし。
そんな工夫が込められた表現記号である“漫符”を、実際に漫画によって解説しようというのが本作です。
ふきだしの形状や背景線はあとがきにまとめ、本編では四コマ形式で多種多様な“漫符”を一つずつ簡潔な解説文と共に紹介…目次が“漫符”の索引を兼ねているという、漫画記号の辞書的な体裁になっています。
そしてタイトルどおり、日本最古の漫画といわれる「鳥獣人物戯画」をモチーフにしているのもユニーク。

ギャグとしては新聞の三面左上にある四コマ漫画のテイストですが、たまに作者らしくないブラックさが顔を出すので意外に可笑しいですね…漫画を読み慣れている人に“漫符”を意識させる、その着眼点というか読ませ方も面白いです。
初版'18年の朝日新聞出版刊で、初出は'15年から約2年半の「一冊の本」連載…超オススメ!とは言いませんが読んで損はないような、というより個人的にですけど作者のテイストが一段と好きになりました。


〈こうの史代〉関連記事:
【最近読んだ本】こうの史代「夕凪の街 桜の国」| 2008.07.03
【最近読んだ本】こうの史代(絵と文)、宮部みゆき(原作)「荒神絵巻」| 2015.10.10

関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】藤本由香里「少女まんが魂」| 2009.12.06
【最近読んだマンガ】大場つぐみ(原作)、小畑健(漫画)「バクマン。」3巻| 2013.01.11
【最近読んだ本】五十嵐大介「画集 海獣とタマシイ」I&II| 2013.09.09
【最近読んだ本】伊藤清司(監修・解説)「怪奇鳥獣図巻」| 2014.08.09
【最近読んだ本】長尾みのる「長尾みのるの人間イラストーリー」| 2011.10.05
0
    | comic | 2020.02.05 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top