ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ダーリン・イン・ザ・フランキス 8」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

前回はパパの正体が宇宙からの異生物で、旧人類こと叫竜(きょりゅう)とのリベンジ・マッチを前に現人類を支配して代理戦争をさせてた歴史が明らかに…双方の潰し合いを経て再侵略を始めた宇宙人、策に囚われた叫竜の姫から生命力を託されたゼロツーが全力で敵を一掃しハッピーエンド?
しかし敵は去っても地上は既に壊滅的状況ですし、オトナ達はこの期に及んでも相変わらずの指示待ち状態…他のパラサイトたちもフランクス乗りという存在意義を失った木偶の坊、元第十三部隊の面々はかつての自活体験を活かして食糧の自給から模索しておりゼロツーは未だに虚脱状態。

博士が死後に遺したハチへの置き土産は、元ナナを連れ出し“お前達がコドモにとっての大人になれ”と…戦いと支配が覆い隠してきたツケの噴出に翻弄され、思い描いた自由は何処へ?
妊娠が判明して混乱するココロとミツル、ゼロツーの体に増えていく生々しい切り傷…終わったかに思われた戦いは宇宙に場を変え、ゼロツーの魂は今も巨大フランクスに残ったまま叫竜軍団と共に火星宙域で宇宙人艦隊と戦い続けていた?
元第十三部隊+ナインズ残党は叫竜の姫が人類に用意していた宇宙船で最終決戦、遂にゼロツーの魂と邂逅したヒロは仲間を残し叫竜軍と宇宙人の母星へ追撃。

以降は“もうパラサイトじゃない”ココロと地上に残ったミツル、ゼロツー&ヒロを見送った仲間たちも帰還しての地球パートと追撃パートの二段構えで進行。
覚醒して巨大化した機体は、さながら花嫁衣装の大人なゼロツー状態…もう悲劇的な結末になる予感しかないのに、そこを敢えて泣かしに来ない演出というね?
かつて叫竜が遺したワープゲートを通過する70日間は、まるで死地への蜜月旅行です…だってこの空間通路を逆行可能な造りにしてて、敵に利用されちゃったら洒落にならないじゃん。
全方位攻撃からの星割り、そして2人の魂は輪廻と何故か完全イデオン状態。

敵の母星を叩いて当面の脅威は去ったものの、また武力を蓄えた時に文明を高度化させた人類を「永遠の凪」へと誘(いざな)うのでしょう…まぁパパの文化的洗脳で去勢され不老不死となった大人達を思い出すと、バーチャルな快楽に浸り切った姿は宇宙生命体の狙い通りになってた訳ですが。
そういや彼らどうなったんだっけ?来襲の際に魂を吸われちゃったのか、少なくとも既に生きてはいないようで…最後の不老不死者となったハチとナナが、大人でも子供でもない存在として再興する世界を見守るというのも僕は興味深いな。
これは観て好かったわ、やっぱ原作付きはダメね!笑
(下段に続きます)


前巻
←←6巻
←←←5巻
←←←←4巻
←←←←←3巻
←←←←←←2巻
←←←←←←←1巻

〈長命/不老/不死〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】里中満智子「マンガ ギリシア神話3 冥界の王ハデス」| 2009.05.18
【最近読んだマンガ】荒川 弘「鋼の錬金術師」17巻| 2010.01.16
【最近読んだマンガ】岡野玲子「陰陽師」13(太陽)巻| 2010.03.10
【最近読んだマンガ】高山しのぶ「あまつき」10巻| 2011.06.27
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】舟崎克彦、橋本淳子、小林敏也「大仙人」| 2012.12.31
【最近みたDVD】「ハンコック」| 2013.02.23
【最近みたDVD】「未来惑星ザルドス」| 2013.03.14
【最近読んだマンガ】沙村広明「無限の住人」30巻| 2013.11.28
【最近読んだマンガ】田辺イエロウ「終末のラフター」| 2014.07.26
【最近読んだ本】宮部みゆき、皇なつき「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近みたDVD】「AVALON」| 2014.10.28
【最近みたDVD】「THE NATURAL」| 2014.10.31
【最近読んだ本】トバイアス・S・バッケル「クリスタル・レイン」| 2016.03.27
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2016.05.11
【最近読んだマンガ】赤松健「UQ HOLDER!」1巻| 2016.10.30
【最近読んだマンガ】茶鳥木明代「デュラララ!!」3巻| 2016.11.23
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「百万年の船 (2)」| 2016.12.31
【最近みたDVD】「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」| 2017.03.01
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
【最近やったゲーム】PS2ソフト「幻想水滸伝III」| 2017.11.14
【最近みたDVD】「アデライン、百年目の恋」| 2018.07.01

愛を知ったパラサイトの新たな子供や新たな芽生えに「地球へ…」を連想し、中盤の写真がオチに使われるパターンは「フラクタル」を連想しました…いや決して悪い意味ではなく、上手く取り込んでいるなって。
個人的にLGBTイクノは、もっと幸せになって欲しかったな…と感じさせる薄幸さ加減が印象的、成長するって何か切ないんだな。
それと最終話がカズオ・イシグロの著書と同じ題名なのは、主題が関連してるのか?…読んでないけどプロットというか土台は無関係じゃなさそうだよね、っていうか「わたしを離さないで」という響きだけで泣かされそうなんですけど!笑

最終巻だからか、音声解説は「キャスト」と「スタッフ」の2本立て…先ずはゼロツーCV戸松遥&錦織敦史監督と各話毎にゲストを迎えた思い出トークの「キャスト」コメンタリーから、監督は案の定「グレンラガン」キャラデザ&作監でしたか、この激アツな作風はクセになりそうだけど「アイマス」は勘弁だな!笑
で、22話はゴローCV梅原裕一郎…体調を崩して残り2話のOA時には降板してたそうですが、DVDで改めて収録したとの事。
23話はヒロCV上村祐翔とイチゴCV市ノ瀬加那、最終話は戸松と上村と監督の3名、未だに声の収録時って作画が出来てないの?

「スタッフ」コメンダリーは監督とキャラデザ&総作画監督の田中将賀&各話ゲスト、ちょいちょい聞き取り辛いのが残念ですが…まぁ戸松が「確かに〜」連発してた「キャスト」版は、内容的に基本スタッフ上げ発言だらけだったので。笑
田中は意外にも「カバネリ」でも作監だったのね、22話ゲストの高雄統子は「けいおん!」に絵コンテ&演出で参加…監督は「アイマス」で一緒してから高く信頼してるそうですけど、なんか男子ビビってる?笑
23話は副監督の赤井俊文で「フラクタル」作監、赤井も「グレンラガン」に作画で参加しているとはいえ一転して砕けたトークに。

24話ゲストはA-1 Picturesのプロデューサー福島祐一&アニプレックスのプロデューサー鳥羽洋典、両者とも錦織監督とは「アイマス」繋がりだそうで…というか「アイマス」を経て昇進というのか立ち位置を高めた関係者が業界に増えたと聞くと、ヒット作が生む続編や派生作の余波は制作側にも及んでいるのだなと改めて思ったりもします。
ところで監督が語った本作への思いの中で、繰り返し観てもらえるよう作った的な発言に感銘を受けました…キャラに言わせた直球なメッセージだけでなく、それこそ「茶色の朝」みたいな部分とかも含めて僕も若い人に勧めたくなります。
0
    | animation | 2020.01.07 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top