おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
バックドロップシンデレラ「シンデレラはウンザウンザを踊る」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

作品解説には何も書かれておらず、ジャケットのサムネイルもなく…ずっとレンタル候補リストに放り込んだまま、気付けば既に新作じゃなくなってました。笑
全11曲で約35分、まるでN.Y.パンクを笠置シヅ子が乗っ取ったような…って両方とも詳しくない個人の感想ですけどね、まるで80年代インディーズ・ブームやイカ天時代のフリーダムさを思い出しましたよ。
今時こんな万人受けしそうにない音楽が商業ベースに乗れてるって、演奏スキルの高さや独創的な楽曲だけじゃ難しいよなぁ…と思ったら“完全DIY、完全セルフプロデュース”って、このバンド本物じゃんか!

いや本物ってのは自主自立って意味でね、そもそも'17年レンタル開始の本作が'11年リリースだったのにもビックリだわ…東欧のバンドだったか民族音楽だったかにインスパイアされた“ウンザウンザ”というスタイルを確立し、本作からメンバー自身が立ち上げたインディーズ・レーベルで現在も精力的に活動中だそう。
敢えて既存のバンドで例えるのもどうかと思いますが、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズやダブル・フェイマスの系譜に連なる印象がありますね…いや似てるとかでなく、東海岸のニューウェーブや西海岸なミクスチュアのニュアンスも感じるし振れ幅が広い!

結局どう例えても説明になってないので、もう「ええじゃないかポルカ」って事で…個人的に笑ったのは時々モダンチョキチョキズやGO-BANG'Sっぽい歌詞が出てきたり「ペットショップボーイ」が全然ペットショップ・ボーイズ関係なかったりした辺りかな。
決して斬新ではないのだけど、一昔前のJ−POP以上に均質化を感じる今の国内音楽シーンに現れるべくして現れたといいますか。
いつの時代にもこういう鉄板の傍流があったし、だから今こそ欠くべからざる三の線が…いやコミックバンド的な意味じゃなく、いうなれば第三の王道という。
とにかくセンスは凄いわ。
0
    | music | 2020.02.04 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top