おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「DRIFTERS 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

「渚のボードウォーク」のザ・ドリフターズと日本のドリフターズが関係してるのか調べてたら、こんなアニメが引っ掛かりまして。
関ヶ原の合戦場から異世界へ?そりゃあスゲェ!笑
いやマジで、異世界召喚モノに歴史を絡めてくるとはね…タイムスリップじゃ珍しかないけどさ、要するにマーケティングですかね?
サブタイトルの「Battle in a Brand-new World War」からすると、更に戦術的ミリタリー要素も絡ませてきそうです…本作も連載漫画のアニメ化らしく、この「進撃の巨人」っぽいキャラ絵は作者が一緒なのか?
Wikipedia情報を確認したら、何も接点なさそう。

監督の鈴木健一も、アニメーションプロデューサーの植田慎也も知ってるようで知らないし…というかアニメーション制作のHOODS DRIFTERS STUDIOって、本作のために立ち上げたの?
まあまあアクの強い顔ですな、この時点で続きは観ない気がしましたが…とりあえず第二幕(話)まで観たけど引き込まれず、謎また謎で引っ張るのが今一つで。
薩摩藩の島津豊久は関ケ原死に損なって彷徨する内、マトリックス的な空間を経て着いた世界で亜人にドリフターズ(漂流者)扱いされて廃城へ…そこで出会ったのは死んだ筈の織田信長と既に歴史上の人物な那須与一と、文字通り時代錯誤!

そんな廃城を監視する何者か、装備が明らかに近代陸軍です…報告を聞く青年は十月機関魔術師の将、曰く「何とかしないとこの世が滅んじまう」とな?
兵法論争から殴り合いのハンニバルとスキピオも十月機関が監視中、その拠点は異形な廃棄物の群れに…一方の島津ら3名は闇討ちを受ける近隣の村へ、つまり現地の支配vs.被支配×漂流者vs.廃棄物と。
助けてもらった亜人エルフに「日の本言葉を喋れ」とコリ押しする一向宗ギャグは笑いましたが、基本的に笑わせ下手ですよねスタッフが。

わざわざ異世界言語を設定して声優に喋らせ、それを字幕表記するとは…手間を惜しまぬ制作姿勢、正にヤックデカルチャーですな。
ドリフを送り込む紫と廃棄物を操るイージーという代理戦争の宗教批判も興味深いですが、ギャグの絵柄も時代錯誤なのが残ッ念!って波田陽区は出ないの?笑
それと第二話、いや第二幕は「踵鳴る」ってイースタン・ユース?…次巻の第三幕が「俺軍暁の出撃」ってのもハイロウズだよなぁ、まさか単なるネタですか?
ごめんちょっとよく分からない、僕おじさんだから!
主なCVは島津豊久が中村悠一、織田信長は内田直哉で那須与一が斎賀みつき

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その59
0
    | animation | 2020.01.20 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top