ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「東京オリンピック」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

「オリンピックは火の車」という久保田利伸の歌を思い出しがちな昨今、来年の開催については醜悪の一語に尽きますね…といって'64年の東京五輪も知らなかったので、まぁ後学のために観ておこうかと思って。
本作は約2時間半の“東京オリンピック開催 40th 記念”市川崑ディレクターズ・カット版で、“劇場で公開された「オリジナル版」から凡そ22分間の映像をカットした、リカッティングバージョン”だそうです。
本編より先に観た予告編の“あの感動と興奮をこゝにあらたに!”で大笑い、って可笑しがるトコじゃなくて名コピーであったが故に独り歩きしちゃった訳か。

「ディレクターズ・カット版について」という項目は、このDVD化に際しての編集事情の解説文でした。
“競技一種目を必ず一つは映像として収めなければならないなど、幾つかの決まりごとや制約のもとに作られ”たが故に“監督が当初ベストだと考えていたボリュームの枠を大幅に超え、インターミッションを含む3時間近い長さの作品となりました”という事から、アテネ五輪の'04年に浮上したDVD化で「監督が望んだ最終版を」と総監督を務めた監督自身が総指揮を執り市川組スタッフの手によって再編集と同時に音声も立体音響として再設計されたのが本作なのだとか。
(下段に続きます、やや長文)


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだマンガ】うらたじゅん「うらたじゅん作品集 嵐電 RANDEN」| 2010.03.28
【最近読んだ本】田中長徳「トウキョウ今昔 1966・2006」| 2011.06.16
【最近読んだ本】ロバート・ホワイティング「東京アンダーワールド」| 2011.07.26
【最近読んだ本】君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」 | 2013.05.18
【最近行ったところ】千葉市美術館「1968年 激動の時代の芸術」展| 2018.11.10
【最近読んだ本】樋口毅宏「民宿雪国」| 2019.12.07

いきなり鉄球で破壊されゆくビルディング、このイントロは衝撃でした…てっきり(愛国主義的な国威発揚ムービーでしょ)とか思ってたのでね、予め「そんなんじゃねーからな」と啖呵切ってくるような反骨心を感じて嬉しくなりました。
続いてタイトルバックに何故か恐怖と緊迫を感じさせる音楽、おいおい大丈夫かよ?…って今になって心配しても済んだコトですけど、そもそも黛敏郎って「栄光への5000キロ」でも変な曲の付け方してたよな?笑
女子バレーで日本が金メダルを決めて君が代までの間も、まるで地球滅亡前夜的に重苦しく悲愴な音楽で盛り上げるし狂気の才能か!

あと違和感があったのは効果音の嘘臭さね、まぁWikipedia情報では望遠マイクで拾ってたようですから実際の音なんだとしても…カメラの距離から観戦してたら、そこまでデカい音で聴こえないでしょ?って。
砲丸が着地する度に「ドォーン」とか床運動で「ズザァー!」とか、ついドラマ制作の感覚になっちゃったのか?…これってDVD化で手直しした結果なのかな、劇場公開当時もコレで違和感なかったのなら今と昔で意識に差かあるのかも。
それと無音の多用も当時は演出の手法として斬新だったのか、あるいは現代が音の氾濫に慣れてしまっただけで昔は無音が普通とか?

ドキュメンタリーが素材イメージを脚色したり演出するのは分かるけど、記録映画を求められてたのに作家性が出過ぎな気はしなくもないな…因みにソール・バス「グラン・プリ」のタイトルバックに、本作の影響があると語ったそうで。
選手も普段は修理工だったり婦人警官だったりした時代で、華々しい記録を打ち立てながら忘れられた選手たち…ゴール目前で追い抜かれた円谷選手に(せめて競技場前で抜かれてたら)と胸が苦しくなりました、観衆って都合よく願望を押し付けがちなのが厭だわ。
まぁ僕もダイジェスト観戦の気分でした、終盤は寝ちゃって観直しましたが。笑

昼間なのに霞んで見えるって、昔は酷かったのね排ガス!…それと個人的には「栄光への〜」でも(多いな)と思ったけど、ケニア選手団にインド人選手が多かったのと黒ターバンって事はシク教徒ばかりなのか?という点が興味深かったな。
ニュージーランド選手はラグビーじゃなくてもユニフォームが黒地に白羽のオールブラックス仕様なんだ、あと応援団がグランドに下りてカハを舞っちゃって当惑するスタッフも印象的。
雨の中グランドの水をスポンジに吸わせて絞ってのスタッフは気の毒でした、15日間の会期中こんな無意味な場当たり仕事に翻弄されてたのかと思うと尚更!
0
    | cinema | 2020.01.26 Sunday | comments(0) | - |













    ↑ top