ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「色づく世界の明日から 2」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

母親を失った時から色覚を失った引っ込み思案の瞳美は、魔法屋を営む祖母の琥珀に突然「高校生の私に会いに行きなさい」と60年前に飛ばされて現代に…といってもここもまた魔法が認知されている別世界の長崎、まだ新しい自宅に住んでる先祖に迎えられて母校に改めて通い始めました。
で今回は、若き日の祖母で現在は彼女と同学年の琥珀が留学先から緊急帰国してスタート…学内を破壊しまくった伝説の魔法使いは登校早々に始末書提出、だけど彼女の魔法に出てきたSLから瞳美の潜在能力に気付いて「瞳美の魔法は迷子になってる」と見抜いた辺りは留学効果の賜物かな?

瞳美に付いて写真美術部を見学する琥珀、と思いきや魔法部の復興と部員確保を兼ねて魔法写真美術部に…機を見るに敏なのか、人心掌握魔法を使ったのか?笑
破天荒キャラのようで実は器のデカい琥珀、何事にも後ろ向きな瞳美のモチベーションを小まめに上げてます…瞳美に未来少女カミングアウトを促したり、ポポッキーを魔法の杖に見立て祖母&孫の魔法コラボ!ってヒロインを攻略してるギャルゲ主人公かっていう。
昔なら琥珀が主人公だろうけど、今っぽいのはヘタレ主人公だもんな…それに瞳美は十代の共感を得そうだし、少年漫画的な友情ノリも含めての少女アニメと。
(ちょっと下段に続きます)


前巻

琥珀の「否定文禁止!」には(よくぞ言ってくれた)と思いましたよ、僕も「出来ない」とか言われると白けるのでね…まぁ自分も通った道なんだけど、即座に「無理!」と返してくる人は関わりたくなくなるのよ。
未来の孫とはいえ、面倒臭い性格だよな…だけど琥珀は瞳美が来た事で「周りを笑顔にする魔法」を極めようと決意して、その後の経緯を知る60年後の琥珀が孫を現代に送ったのかも?
というか瞳美の心理的な色盲状態は現代で解消される、つまり彼女が笑顔を取り戻す歴史は現代に刻まれているのでしょう…とすれば、そのカギはやはり唯翔の絵に現れる色彩な訳です。

となれば当然っちゃあ当然なラブ要素ですが、写真美術部もとい魔法写真美術部員の間にも滲み出してきましたね…一先ず胡桃×千草はコメディ・リリーフとしても、あさぎ×将は縺れそうな気配ビンビンですな?
あさぎは部長の将が世話を焼く瞳美に羨望×嫉妬、まさかこの正統ジュブナイル路線と見せてドロドロ修羅場からの猟奇ホラー展開?
…なんて無理矢理な意外性は狙ってこないよね今更、でも想像しただけで一気に観る気が失せちゃった!笑
あれ?将と唯翔って瞳美の先輩だったのか、じゃあ千草は瞳美らと同学年?…ってもう観ないからいいや、まぁ面白くはあったけど。

しかし関東平野で生まれ育ったから、ここまで坂が多い町って絵空事に見えてましたが…中の世界に自分がいると考えたら、上り坂も長い階段も住んでいれば当たり前になるんだろうね。
起伏が激しくて見通しが利かないとか上がり下り面倒臭そうってのはあれど、地球のうねりに抱かれるような変化に富んだ景色の中で日々を送るんだ…ここまで好意的に感じた事が今までなかったので新鮮でした、基本チャリ行動が前提だったからなのかもだけど。笑
都内でも文京区を散歩してて通った路地裏の坂道とか細い階段が心地好かったし、本作で観た長崎の町も歩いてみたくなりましたよ。
0
    | animation | 2020.01.27 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top