おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「真夜中のオカルト公務員 OVA」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

わざわざOVAと謳ってるのは、TVシリーズがあるって事でしょ?…でもTSUTAYA DISCASでは'19年の本作しかヒットせず、逆にWikipediaでOVAの情報はTVシリーズの後でリリースされた「全2話」としか記述されていませんねぇ。
しかも本作が「♯14『ひとりぼっちの吸血鬼』」と「♯15『サクラの森の満開の下』」って、TVシリーズが全12話なのに何故?笑
とはいえ、予備知識ゼロで観た僕でも分かりやすい演出には感心しました…TVシリーズから派生したOVAじゃ珍しい方だし、今時は劇場版でも予習してる前提で作ってくるから僕みたいな一見客には有難いわ。

“どこの課なのかよく分からない刑事たち”
“訳の分からねぇ事件が起きるとフラッと現れて事件をかっさらっていく”
だけどメインは刑事じゃなく、TVシリーズで主人公だったらしい「砂の耳」を持つ宮古新(CV・福山潤)でもなく…本作では姫塚セオ(CV・入野自由)という新の同僚と彼が長年にわたり観察していた吸血鬼の日本固有種最後の1人との哀切な友情物語なのでした。
人ならざる「アナザー」とは、乱暴に言えば魑魅魍魎の類いですかね…そんな「アナザー」絡みの殺人で吸血鬼の犯行と推定されるも、日本では既に絶滅しており海外種も有り得ないと。

何故なら吸血鬼は水を境界と認識し、分断された生息圏毎に独自の進化を遂げているから…この特性が後半の伏線なのね、だけどコンテナに閉じ込めたり麻酔かけたりして輸送したら海外からの越境も可能では?笑
絶滅から生き残った日本最後の生き残りは連続失血死事件の犯人ではない、吸血鬼は男性体の種族で日本固有種の吸血欲は女性体に変態するための繁殖行為だから…最後の1人では繁殖期を迎えようがなく吸血行為もしない、それは姫塚の研究成果でもあったのです。
いわばオカルト・ミステリー+クライム・サスペンス、結末に意外性はないけれど展開に惹き込まれます。

クライマックスは新宿中央公園、とするとマヨヒガは神奈川寄りの山梨方面にあったのかな?
既に「アナザー」退治屋の家系である刑事も動き、事態は新宿区役所の管轄外。
大事な場面で新の「砂の耳」が、人間と違う「アナザー」の言葉を伝えてくれます…もしも宇宙人や地底人など相容れない存在が明らかになったとして、その時も人類は殲滅戦に走るしかないとしたら哀しいよね。
「アナザー」を裁けない人の法律、何気に深いなぁ。
アニメーション制作はライデンフィルム、敢えてポルノグラフィティ的な歌謡テイストのOP&ED曲は新宿らしさの演出だったり?

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その60
0
    | animation | 2020.01.31 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top