おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「魔王様、リトライ! 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

自ら運営するオンラインゲームに魔王として君臨してきた主人公、15年間の運営を終了した瞬間に魔王の姿で見知らぬ異世界へ…封印を解かれたデカい悪魔を瞬殺という無双状態まで既視感たっぷり、しかし“このご時世、猫も杓子も異世界転移ですよ”と半メタな台詞の割には新味なしか!
そもそも見た目が魔王というより、バンコラン的なロン毛ダークスーツで殺し屋にしか見えないけど重要な伏線でしょうか?…しかも自分の作ったゲーム世界ではない王道ファンタジー世界ながら管理者権限で召喚が出来ちゃうわ、言葉も文字も日本語と徹底したご都合主義は開き直りですか?

悪魔の生け贄ボクっ娘を助けて祠に行けば呪いアイテムをゲット、外せない上に悪意を持ってる設定は「盾の勇者の成り上がり」だし…聖都を目指す行く手を塞いだ山賊オウンゴウルって「オーバーロード」かよ、と思ったら「シェンムー」ネタとはマニアックな!笑
山賊も魔王討伐の聖女ルナも一蹴して町に着くと、有り金を巻き上げられたルナが「アンタバカ?!」ってアスカ・ラングレーのつもり?…まぁ無一文で宿無し涙目のルナには笑いましたが、町の描写が雑なのはネタかどうか微妙な印象。
まぁ今時ってタバコが気力回復アイテムってのは、個人的には好きですけど。笑

OP&EDの異世界らしからぬキャラは、これから異世界参入者で話を回していくのかも…しかし'19年OAにしては後手後手だわな、既出の同系アニメの域を出る気がしないんだわ。笑
まぁレンタルなのに余計な宣伝やらリッピング云々の山崎某もビデオの日も一切ないのは有難いです、もしやアニメーション制作がEKACHI EPILKAなる無名のスタジオだからなのかな?笑
魔王CVは津田健次郎、アクCVは高尾奏音…ルナCVの石原夏織が「色づく世界の明日から」瞳美と同一人物だったのは意外でしたよ、威勢が空回りしてるルナと終始オドオドの瞳美じゃキャラが違い過ぎるし。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その61
0
    | animation | 2020.02.01 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top