ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「魔法少女特殊戦あすか 2」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

開始前の断り書きによると、一部TVOA時とは内容が違ってるようです…おそらくはお茶の間向けに拷問シーンをマイルド表現にしてたのでしょう、まぁ本作でも引く程グロい訳ではありませんでしたけどね。
さて「魔法少女+戦隊モノ」という大枠に近頃のアニメらしくクライム&ミリタリー要素をブチ込んだ本作、異世界大戦後の新秩序を構築せんと暗躍する“悪い魔法少女”vs.過去のトラウマを抱えた主人公あすか達といった構図のようで。
前巻で彼女と再会した陸自所属のくるみに続き、今回はメキシコで活躍中のミアが登場…といっても今のところ、合流する気配なし。

現地ティファナで麻薬カルテル拠点を壊滅したミアは「バベル教団」の名を耳にし、前巻であすかに返り討ちを食らって外事警察の尋問を受けるテロリストもその名を自白しました…まだ断定は出来ませんが、それが“悪い魔法少女”アビゲイルの属する組織なのではなかろうかと思われます。
アビゲイルは前巻のバトルデータを分析して生け捕り作戦を実行、あすかのクラスメイトとは知らずにテロリスト絡みから外事警察官の娘を拉致って拷問…大戦中の確執で警察庁と防衛庁は日和見を決め込み、しがらみに縛られないあすかがくるみと共にアジトを特定し救出に成功しましたが。

ラプチャーあすか、イカレ非合法魔法少女アビゲイルはクラスメイトを連れて退避するウォーナースくるみを追跡、一方ラプチャーあすかは対魔法生物戦とは勝手が違うロシアン双子魔術傭兵に苦戦中…どうなる次回?といった感じで次巻へ、初回の性急さは先が心配でしたけど順当なストーリー進行になってきた印象。
ただ、くるみの暗黒面が気に懸かるな…あすかへの病的な依存心を伺わせる描写に、生け捕りからの狂気錯乱とか洗脳といったヘビーな展開を予想しちゃって。
ウォーナースに回復役の重要性を感じる分、敵に回らずとも味方にいなくなると戦略的に厳しくなりそう。

“精霊犯罪者は人間界の希少物質を引き換えに魔法を提供”し、マジックアイテムの密売が活発化する裏社会…旧来の物理法則が通用しない魔法に対抗し得ない警察庁と防衛庁、とはいえ陸自特戦軍M班の拠点をメイド喫茶に偽装するかね?
あすかCVの洲崎綾って「シドニアの騎士」で捕食される星白に「六畳間の侵略者!?」大家の笠置静香と、これまた振れ幅の広い役柄を演じてますな…アニメーション制作のライデンフィルム、どこかで見掛けたぞ?と思ったら「真夜中のオカルト公務員」でしたか。
本作も「魔王様、リトライ!」同様レンタル盤なのに他作品の紹介映像なし、そうなりつつあるのかもなぁ。


前巻
0
    | animation | 2020.02.06 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top