ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「かつて神だった獣たちへ 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

このハードボイルドな題名に地雷かと思いましたが、全然まともっぽいしマカロニ・ウェスタンの復讐劇を下敷きにしてる感じが個人的には割と興味深いです。
新大陸パトリアで勃発した、新発見のエネルギー鉱石を巡る南北対立からの内戦…いかにもアメリカの南北戦争を思わせる雰囲気に不似合いな、本作の要である偽神兵が「数で押す南軍vs.劣勢の北軍」というパワーバランスを逆転します。
近代史メタファのミリタリー・サスペンス、という大枠は欧州モチーフの「フェアリーゴーン」を連想させますね…この異形化する北軍部隊、偽神兵は人体実験の産物ではありますが。

禁忌の怪物を作りだしたエレインとハンク隊長は戦災孤児で「この戦争が終わったら結婚する」間柄、そして頼れる相棒ケインも偽神兵であり3人は幼なじみ。
しかし終戦前夜、偽神兵が制御不能の暴走に陥るという副作用を苦にエレインは全隊員との心中を決意…最初に撃たれたハンクが薄れゆく意識の中で見たのは、土壇場で裏切ったケインと横たわる彼女の姿でした。
一命を取り留めたハンクが目覚めたのは2か月後の情報部医務室、ライザ少尉から「偽神兵の帰還者が獣化している」と聞いた彼は“心を無くした者は仲間の手で葬る”という部隊の掟を果たす放浪の旅に出ます。

偽神兵は人間に戻れずに暴走の一途を辿る、それを悟ったエレインは今や行方不明…狂気の笑みで彼女を撃ったケインもまた消息を絶ち、獣化する戦友を狩りながら2人を追うハンク。
終戦直後の疲弊と困窮が戦場帰還者を蝕み、故郷で疎まれながら獣化してゆく仲間たち…まるで「ランボー」や「タクシードライバー」ですな、理不尽な扱われ方と持て余す鬼神の如き力。
そして2話目は、初回の些細なエピソードに絡む過去エピソード…異形のまま帰還し殺された父ウィリアムの仇討ちを誓う娘シャール、西部の町でハンクと対峙するも一筋縄では行かない状況から旅に同行します。

しかしまだ役者は出揃ってなさそうで、OP&ED映像からして他にも重要人物がいそう…先ず込み入った前置きを見せる辺りは近頃のアニメらしいけど、全体的に丁寧で置いてきぼり感がない構成は好いですね。
そしてウェスタン・ノワール風味も個人的に堪りません、このまま軍とか政治とかに深入りしない復讐劇でいてほしい…ところでハンクの顔がアメコミのキャラっぽいのは、やはり海外セールスを意識したのかな?
本作も先日の「魔法少女特殊戦あすか」同様、冒頭の警告文にTVOAとは内容が一部異なる的な文言が。
確かに若干「ひでぶ!」でしたが、グロくはないな。

最初はハンク(CV・小西克幸)が主役かと思ったけど、この流れからするとシャール(CV・加隈亜衣)なんだろうな…そして当分ケイン(CV・中村悠一)とエレイン(CV・能登麻美子)の出番はなさそうね、むしろ今後は露骨なお色気要員ライザ(CV・日笠陽子)の出番が増えそうな予感。笑
今回お亡くなりになった元偽神兵はウィリアム/ニーズヘッグ(CV・平川大輔)とダニエル/スプリガン(CV・立花慎之介)、今後もしばらくは獣化した戦友狩りが続きそうですな?
制作のMAPPA、どっかで見た気がしたけど勘違いか。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その62


次巻
0
    | animation | 2020.02.07 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top