ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ファンタジックチルドレン 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

'04年のアニメで、サムネイル画像が萌えキャラじゃなかったので期待して借りてみました…とりあえず謎が謎を呼ぶ展開の2話まで収録されてましたが、かなり面白くなりそうです。
原作のなかむらたかしが監督とキャラデザを担当し、製作は日本アニメーション…「未来少年コナン」のハイハーバーを思わせる町並みや映画「ナウシカ」的なタぺストリー風タイトルバックは、もしや美術監督が山本二三だからですかね?
巨石文明の遺跡が点在する島は「FFX」「クロノ・クロス」の序盤を連想させ、更に「フラクタル」っぽい感じもしたけど謎が多過ぎて展開が読めませんよ。

不老不死と思われる少年少女の対立構造、失われゆく記憶…彼らは何を追い求めているのか、ストーリーの鍵になりそうな少女は何者で何処に行くのか?と一切が明かされませんがナツナ島だけで掴まれました。笑
最後の独白で、不思議少女がしゃがれた低音ボイスなのは意表を衝いて好かったな…ED曲に「攻殻機動隊」でお馴染みの故・オリガを起用してるのも妙にハマッてました、それはそうとED映像の“クリスティーナ1721−1759”“セラフィーヌ1859−1901”“ヘルガ2001−”って重要なヒントになってたりするのかも?
しかし映像特典のPVがネタバレなのはどうかねぇ?
(続きは下段にて)


次巻


先ずはネタバレPVの話をする前に、本編だけでストーリー解説としましょう。
いきなり恐怖に戦(おのの)きながら“死の吸血鬼”に関する謎の男、そして1853年のオランダで影に怯える少年コンラートの前に現れた黒いコートの少年少女。
時は移って1901年のスウェーデン、X線を発見した老博士コンラートと対照的に変わらぬ容姿の黒コート団…東南諸島のクレルモン療養施設に現れた一団はセラフィーヌとして死んだ孤独な女性画家と対面、42歳だから1859年生まれという事はクリスティーナの死から100年目って何の話?
それと部屋中の絵に描かれた、意味深なシンボルも。

そこに強面2人と踏み込んだデュマ(CV・花輪英司)、黒コート団と同じ銀髪碧眼の少年ながら「お前たちは魔物だ」発言…脱出する黒コート団、しかし少女メル(CV・坂本真綾)は記憶を失って囚われの身に。
更に101年後、2012年の東南諸島…拳法遣いで200年続く寺院の跡取り少年トーマ(CV・皆川純子)は、遺跡で会った無言の少女ヘルガ(CV・河原木志穂)を気に懸けつつ観光客相手に辻占いで稼ぐ母(CV・甲斐田ゆき)を迎えに行ったナツナ島でチット(CV・小林希唯)を助けます。
チカオ児童学園の職員に連れ戻されるヘルガ、チットは彼女を逃がそうとした?

第二話は再び1901年のストックホルム、コンラート博士が記者に語る青年時代の思い出と彼を見守る黒コート団…そして2012年のチカオ児童学園、園内なのかセラフィーヌに関する書物を漁る黒コート団の少女ソレト(CV・高口幸子)と忍び寄る怪しげな影の存在。
地下水路で“最後の年に取り出す記憶のレコード”を見付けたヒースマ(CV・原沢勝広)と、メルの記憶が失われた事を悔やむ仲間たち…ソレトが合流するや影と異空間バトル、ハスモダイ(CV・松本さち)に何処かの風景を見せる影をアギ(CV・浦田優)やタルラント(CV・矢口アサミ)の奮闘で打倒し現実世界へ。

星空を見上げながら“12年目が近付く事で急速に僕らの記憶は薄らいで行く/そして不安と混乱によって、あっという間に僕らは僕らではなくなる”と語る彼らの正体は?…翌朝、再びヘルガはチットの手引きで脱走し列車に乗りました。
母の出勤を送りついでにヘルガ目当てでナツナ島を探索するトーマ、路地でぶつかった黒コート団もクレルモンに向かう列車に乗り込みヘルガたちとすれ違い。
結局トーマは駅まで来ながら少女を見付けられず、どう見ても主人公なのに居るべき舞台から置き去りにされちゃうのか!…ここは乗るだろ普通、見事に外されて次が気になりますよ。笑

で、映像特典はPVに番宣に白OP、そしてイメージボード/美術30枚…この2話までに詰め込まれてた謎が、PVで思いっきり明らかにされてて笑ったわ!
なんとヘルガは“2億光年の時空を超えて15世紀末の地球に逃れ幾度かの転生を繰り返した姿”で、本当は“王族の権力争いに乱れる惑星ギリシアの王女ティナ”と…黒コート団は“王女ティナの魂を取り戻すため子供のままの姿で生と死を繰り返す”ベフォールの子供たちで“絶大な力を得ようとする王族ゲオルカの息子デュマもまたティナを追って地球に転生していた”という、実は壮大なSFファンタジーだったのね?

まぁ自分で謎解きしたい人は詰まらないだろうけど、勝手にミスリードしちゃう心配がなくなったし一段と興味が湧いてきましたよ。
そしてイメージボードのキャプションが、本編では分かりにくかった場面の補足説明になっていた点も僕には有りがたかったです。
冒頭の男は“ベフォールの子供たち”の記述を残しながら恐怖するラドクリフ、コンラートは転生を繰り返す事に疲れて仲間たちを拒絶していたのか…という事は、他の子供たちも一般家庭に転生してたんですな?
彼らが“500年の間に幾度も生まれ変わり、長い旅を続けて”捜してたティナの魂が、ヘルガという訳ね。

トーマの故郷はパパン島で、父(CV・大川透)から拳法の手解きを受けていたのは寺院の本堂か…ナツナ島は参詣客で賑わう大寺院があり坂や階段が多い、でも今後の展開は東南諸島から離れそうで寂しいなぁ!笑
地下で回収した“記憶を保存したクリスタル”は転生前に予め隠していたのね、メルが急に記憶を失ったのも転生が迫っていたから?
影=閻魔がハスモダイに見せた“懐かしい記憶を呼び覚ます”光景は追々ですな、ナツナ島の図書館からティナ前世の情報を得た翌日に島の駅からクレルモン行きの列車に乗った彼ら…で、偶然ヘルガと乗り合わせた状況で次回に続く様子。
0
    | animation | 2020.02.14 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top