ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「暴力戦士」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

もう数年前になりますが、そこそこのオッサンが「岡田奈々」と大書きされたTシャツ着てるのを見掛けたんですね…その時は所謂(ヘンなTシャツ)にしては面白いセンスしてるじゃん?って思ったんですけど、後日AKBだかに同姓同名のアイドルがいる事を知って(何のパクりだよ)と。笑
考えてみれば、あの年齢で元の岡田奈々を知ってる訳ないよな…でも彼女って歌手の印象はないし女優ってイメージも特にないなぁと、思い出してTSUTAYAで検索したらアイドル時代の作品は本作がヒットしまして。
解説からすると元祖Vシネ的な感じだけど、試しに観てみようかと借りた次第。

なので目当てはヒロインの岡田奈々、でもファンではなくて…Vシネマも観たいと思った事がなくて、ノリとしては「70年代クヨクヨ邦画」の番外編みたいな趣きを期待してた訳です。
まぁ70年代とはいっても'79年の公開ですが、石井輝男監督作+主演の田中健も自分としては新鮮だし?
TSUTAYA作品ページの解説によれば「六甲山の野外フェスで抗争に発展した東京側のリーダーが神戸リーダーの妹を連れて逃げ帰る」、てなお話らしいのですが…先に観ちゃった予告編で、行く手を遮る悪党面した野球団&ローラースケート軍団vs.追われる方もサイクリングとはワクワク!笑
(続きは下段にて、ストーリーのネタバレ有り)

素肌に革ジャン、手下と指パッチンしつつ歩くオープニングから主題歌を担当したA・R・B(アレキサンダー・ラグタイム・バンド)のライブ場面、明らかに別撮りの野外客席で東京から来たストリート・ファイターズと地元ドーベルマン・キッドとの小競り合い。
“ダサい”って当時から使われてたのね、大喧嘩に介入した警察を逃れた健&奈々は手錠に繋がれたままローラースケートで逃走!笑
蛇行しつつ追いかける神戸チームもローラースケート、しかも律儀にヘルメット着用でつづら折りの坂道を爆走…これ本当にやったら何キロまで出るんだろう、古臭い対向車が最高です。

バンダナで手錠を隠してアーケード街、長距離バスで待ち伏せてた仲間に助けを求めようとした奈々も警官ウヨウヨしてる有様で健の言いなり状態…遠巻きに2人をガードする東京チーム、対してCB無線で関西全域に網を張る神戸チーム。
なるほど、単なる「手錠のままの脱獄」青春版かと思ってたけどWikipedia情報によると狙いは和製「ワンダラーズ」だったのかぁ。
左ハンドルのワーゲンポルシェを奪って手錠のままのドライブ、手錠の関係で運転席の奈々に密着したまま検問…奈々のアップで八重歯がキラリン、あーやっぱ河相我聞より可愛いよ?笑
しかし奈々ちょっと怖い!

シケ込んだと思ったモーテルで繋ぎに現れた健の手下に手引きされ、東京チームが潜伏する港のディスコへGO…ヨットの手筈が付かぬままローラー軍団と乱闘、機動力に全振りしてて肉弾戦とは単なる足止めか?
上手くトレーラー荷台に隠れた健&奈々、予想どおりの冷凍車で流石に泣き出した奈々を抱き締め暖めあう2人…再び合流した東京チームに野犬をパチンコで虐待する謎のサイクリング軍団が襲来、返り討ちにして皆で爽やかツーリング!笑
ここらで45分の折り返し、奈々のお色気作戦で2人だけヒッチハイク…若い石橋凌らの演技デビューも、黒歴史って程じゃないかと。

ARBのバンド車で無事に鎌倉到着、迎えた手下は海の家で羽を伸ばしてたら口裂けメイクの女子レスラー達にボコられ…夕陽に染まる波打ち際を走る健&奈々、まさかのロマンチック・ウィンドサーフィンかよ!
葉山から赤レンガ倉庫、東京を目前にした日比谷線に乗り込んで来たウォーペイントの野球団…神戸チームもリーダーの妹なだけに、東京の他グループを味方に付けて奪還に必死な訳ね。
まだ浄水場がある筈の新宿西口高層ビル街から夜の東口コマ劇前、追い込まれた廃墟に鉄球破壊って奈々まで殺す気か?…無事アジトに帰還した健&奈々、最後は高架下トップ会談に。笑

妹の“純潔”を疑う神戸リーダー、いや信用しようが外野の野球団どもに今更どう落とし前つけんのかっていう…何が「いいアクセサリーになるぜ」だよ、しかし奈々オチは妥当かもね?
正直クソ詰まんないかと覚悟してましたし、実際リアルタイムで観ても懐古補正かかるか微妙な気もしますけど…タイトルの割に牧歌的といいましょうか、昔の映画って一周回って独特の味が出てくるんですかね?
特にオススメはしませんが、意外と飽きずに楽しめましたよ…時代が違っても美男美女はスクリーン映えするし、硬派な健も蓮っ葉ぶる奈々も魅力的でしたし。
個人的には好い感じだな、ただしホンワカした劇伴音楽のミスマッチぶりは微妙。笑
0
    | cinema | 2020.02.18 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top