ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたビデオ
「プエルトリカン・イン・パリ」(←リンク先はTSUTAYA TV作品情報)

原題も同じく「PUERTO RICANS IN PARIS」で'16年のルイス・ガスマン主演作、内容もタイトル通りプエルトリコ人の刑事コンビがパリで大捕物的なコメディ。
まぁビデオスルーどころか配信動画だけという辺り、内容は知れてますけどね!
一度見たら忘れられない、ハリウッドの丹古母鬼馬二ことルイスとコンビを組むのはザ・ロックことドウェイン・ジョンソン似のエドガー・ガルシア…ルイスは自称「頭脳担当」でエドガーが「筋肉担当」、これが一応ラストの伏線というか2人の関係性になります。
加えて恐妻家エドガーの女房はルイスの妹、といった訳で微妙に上下関係が。笑

ストーリー的には、独身貴族を気取っていたルイスが「年相応の妻子持ちがモテる」と学習するまで…という意外性はありますし、大笑いはしなかったけれど出来映えは上々でしたよ?
最初の場面はコピー商品のメッカ、カナル通りでの取り締まり…売り子はアフリカ系でオーナーはインド系とか(N.Y.って今も地下鉄の高架が残ってるんだ?)というのが興味深かったですね、因みにコービー・ブライアントはNBA選手で政治家でもNFL選手でもないけどブラックマンバも一応ラストの伏線ですな。
パリに着くなり美女を口説いて貰いタバコのルイス、N.Y.は全面禁煙なのね?

そうそう、パリ行きの発端はN.Y.市警を訪ねたフランス人デザイナー&経営者から私的捜査を依頼されたのです…有給休暇の使用を渋るも“バッグを見つけたら15万ドルずつ報奨金を払う”と言われたら断る理由なんてありませんな、そのバッグは来季の新作で「発表前にコピー品をばら蒔かれたくなければ金曜日までに100万ユーロを払え」と脅迫されてるのだそう。
現地で再会したデザイナーのコレットいわく、盗む機会があったのは4人…そこでルイス&エディは得意の変装作戦で容疑者に接触、しかし却ってコレットへの疑惑が深まるばかりです。

同時に妻子持ちのエディばかりがモテモテで不満タラタラのルイス、嫉妬を拗らせ険悪ムードに…だけど犯人にしてはコレット役のアリス・タグリオーニが魅力的すぎるし、証拠が無ければ報奨金もパーですから。
でも本作はノー・エロ&ノー・バイオレンスでも面白い映画が作れる証拠ですよ、展開としてはメキシコ抜きの「ルドandクルシ」といった感じもしますが。
N.Y.のスチル担当ルナ・ガスマンはルイスの身内ですかね、それとVFXアーティストのサツキ・メイ・アサイって色んな映画に関わってるのね…でもなー、本作に特撮シーンなんてなかったし何したのかは不明。
0
    | cinema | 2020.02.25 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top