スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
スキャナー・ダークリー [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
俳優の仕草や表情をアニメとして再構築する、非常に手間の掛かった映像が生理的に苦手な人もいるでしょうね。
しかしながら出演者も(誰々が出てるから)という理由で観て欲しくはないでしょう、自伝的要素の強い原作を尊重した結果としてのスキャニメーションは実に効果的です。
意義を見出せない業務に延々と従事させられる主人公、彼の破滅を前提とした麻薬撲滅作戦…小さな政府がもたらした民間委託の陥穽、委託された組織間のマッチポンプは緩いディストピアですが。
どこまでが虚構でSFなのか、エンディングには賛否が分かれそう。
紹介記事【2019.07.27】
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ]
ブレイク・ビーターズ [ ゴードン・ケメラー ] (JUGEMレビュー »)
旧東独、といっても今じゃ通じなさそうですが…80年代の社会主義国でヒップホップに目覚めちゃった若者と、彼らの活動を体制翼賛に取り込もうとする当局との丁々発止を描く青春コメディ。
飼い慣らそうとする権力側と調子を合わせつつ苦悩する主人公たち、ベルリンの壁が崩壊して彼らを待ち受けるラストのほろ苦さとタフさに男泣きです。
自分でいる事を描いている点で、英国のサルサ映画「カムバック!」と併せてオススメ。
紹介記事【2019.11.02】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】
ダーリン・イン・ザ・フランキス 1《完全生産限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】 (JUGEMレビュー »)
荒廃した世界で生き残りを賭けて地底人と戦う少年少女、その謎が明らかになるにつれ絶望の色は増すばかりですが…絵空事に潜む「茶色の朝」の未来、大人目線で子供たちの希望を切に願ってしまいました。
次の世代のために何が出来るだろう、この気持ちを失わずにいたいです。
紹介記事【2019.08.28】
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット
月曜日の友達(1-2巻 全巻) 全巻セット (JUGEMレビュー »)
中学生になったばかりの頃の、世界の拡がりに戸惑う姿は性別や世代を超えて響きますね。
作画力もストーリーテリングも卓越してます、些細な一瞬を捉える巧さが。
忘れていた何か、忘れたくなかった何か…最後のコマに、胸が苦しくなりました。
紹介記事【2019.11.11】
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ]
TVアニメ『プラネット・ウィズ』オリジナルサウンドトラック [ 田中公平 ] (JUGEMレビュー »)
(↑※サムネイルのリンクはサントラにしています)
所謂スピリチュアルなストーリーでありながら、どこか70年代アニメっぽいお約束とフォーマットをごちゃ混ぜにして力技で着地させたような奇想天外さが独特。
戦隊ヒーローに学園モノ、ジャンプ的な熱血インフレ勝負など…ネタの重ね掛けでも訳分からなくならない見事な構成、思いがけずラストに泣かされました。
正義のあるところに悪がある、よって正義は愛ではない…ならば善とはなんなのか? 先ずはご覧あれ。
紹介記事【2019.09.10】
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ]
ポルノ☆スターへの道 [ ニック・スウォードソン ] (JUGEMレビュー »)
ラジー賞を独占した下ネタ満載ムービー、とりあえず下品ですけど線引きはキッチリしてますね…笑わせる内容は、少なくとも男性なら他人事じゃないというか。
女性同士の巨乳幻想みたいなね、目の付け処が上手いなぁと。
まぁ万人向けではないにせよ、僕は感心しつつ大笑いしました。
紹介記事【2019.10.17】
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ]
夜長姫と耳男 (岩波現代文庫) [ 近藤ようこ ] (JUGEMレビュー »)
原作者の作品は知らないので、本作は衝撃的でした…こんな物語が書かれていたのかと、まるで伝承の聞き書きか夢を書き起こしたような浮遊感!
印象としては南伸坊が中国の怪異譚を漫画にした「仙人の壺」に近い、無闇に説明しようとしない描線のアッサリ感が素晴らしいです。
空白の多さに、却って想像力を掻き立てられました。
紹介記事【2019.11.25】
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray]
さよならの朝に約束の花をかざろう 通常版 [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
不老不死というか不死者の物語にハマっているとはいえ、ファンタジー世界が舞台だとなぁ…と思ってましたが、不死者の(一般的な寿命の人間社会で生きる哀しみ)というツボを丁寧に描いていて好感が持てました。
寓話的なラストが作品世界と相まって、爽やかに切ないです。
紹介記事【2019.09.23】
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ]
おとなのけんか [ ジョディ・フォスター ] (JUGEMレビュー »)
血生臭い原題の割に、ほぼダイニング一間で完結している会話劇です。
子供の喧嘩に親が出て、大人同士で和やかに話し合って解決する目論見が破綻してエスカレート。
隣人を愛せれば戦争なんて起きない訳で、そんな皮肉な原題と裏腹に子供同士は親心を知らず…淡々としてますが大いに笑わせてくれます、個人的にはオススメ。
紹介記事【2019.10.22】
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb
【中古】 山本耳かき店 ビッグCスペシャル/安倍夜郎(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
耳かき店ブームの火付け役、なんて書いては申し訳ないのですけども…決してブームに便乗した後追いではない、と。
穏やかな時間の流れる小さな町で、耳かき屋さんを訪れる客の脳内イメージが秀逸です。
こんな表現があったのか、こんな漫画があったのかと目からウロコ耳から(略)。
紹介記事【2019.12.23】
グラン・プリ [Blu-ray]
グラン・プリ [Blu-ray] (JUGEMレビュー »)
最初はソール・バスの映像分割がスタイリッシュというより情報過多に感じましたが、それが後から効いて来るんですね…世界各地を転戦するF1レーサーと彼らを取り巻く人間模様が主軸ながら、走行シーンも見甲斐があります。
クールなドラマと60年代のムードが、ダンディな三船敏郎も含めて現代とは別世界のようです。
紹介記事【2019.12.21】
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ]
絵はがきにされた少年 [ 藤原章生 ] (JUGEMレビュー »)
アフリカに対する先入観や固定観念が、ことごとく覆されます…偏見を持たないように心掛けていたつもりでも、日本にいて伝わってくる情報自体にバイアスが入っている訳ですが。
西欧支配の呪縛に歪められた各地の民族性や搾取の構造など、日本では見えにくい暗部が著者の目を通して見えてくるようで。
アフリカの話であり、同時に現代の実像でもあるのでは?と。
紹介記事【2019.09.1】
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb
【中古】 マンガでわかる 戦後ニッポン /手塚治虫(著者),水木しげる(著者),つげ義春(著者),はるき悦巳(著者),ちばてつや(著者) 【中古】afb (JUGEMレビュー »)
現代に至る国内の移ろいを漫画に語らせる好企画アンソロジーです。
漫画にしか出来ない表現は、例えば三輪自動車が走る風景でありリンチされる米軍の操縦士であり…基本的に主観視点であるが故の、俯瞰の効く文学表現よりも接地した仮想体験なのかも。
いわば漫画こそが伝え得た戦後の一片、切り口を変えて続けてもらいたいですね。
紹介記事【2019.12.12】
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ]
あきれたあきれた大作戦 [ ピーター・フォーク ] (JUGEMレビュー »)
笑いって鮮度があると思ってました、本作を観るまでは。
先が読めずに引き込まれましたが、確かに繰り返し観たくなるかも…計算されたシナリオが効いた笑いと、映像的な古さもまた味わい深いです。
スタンダードでバカバカしくて無駄のない、意外な傑作。
紹介記事【2019.12.10】
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ]
人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編 [ 鉄人社編集部 ] (JUGEMレビュー »)
面白可笑しい切り口で紹介されてるので、ファンの方にしてみれば物申したい点も多々ありそうですが。
様々な事情から意外な最終回を迎えていた、有名な作品の数々に先ずビックリ…知って何かの役に立つ訳ではありませんけど、やはり切り口が面白いのですよ。
紹介記事【2019.09.24】
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー
【国内盤CD】【ネコポス送料無料】ファウンテインズ・オブ・ウェイン / トラフィック・アンド・ウェザー (JUGEMレビュー »)
「Stacy's mom」の青春パンクをイメージしてたら好い意味で裏切られました。
どこかSDP「スチャダラ外伝」に通じる旅アルバム、共通する根っこは世代なのかグローバル環境なのか…しかしELOっぽさを連想させるサウンドも厭味なく無理して頑張ってない感じだし、三人称のスキットみたいに様々な切り口で綴られる旅の寸描が詩的。
パッキング上手で飽きさせない仕上がりかと。
紹介記事【2019.07.08】
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321)
【中古】[PS2]ローグギャラクシー ディレクターズカット(Rogue Galaxy Director's Cut)(20070321) (JUGEMレビュー »)
無印版も僕は楽しめましたが、ダレ要素を改善して全体的にボリューム・アップしておりオススメです。
難を言えば、このDC版では攻略本が出てない事ですね…特に武器の合成レシピが違っているし、追加武器はノーヒントで試行錯誤の連続に。
水の惑星にある3連宝箱は、多分エリアボスに乗って飛び移らなきゃ取れないと思うので、これからプレイする方は気を付けてね!笑
紹介記事【2018.07.19】
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time
【中古】PS2 スターオーシャン3 Till the End of Time (JUGEMレビュー »)
ディレクターズ・カット版が出てるようなので、そちらをオススメします。
僕も終盤でメニュー画面を開こうとしてブラックアウトや異音と共に「ディスクからデータを読み込み中です」と表示されたままフリーズでプレイ断念中です。笑
リアルタイム・バトルの忙しさは好みの問題として、城下町などの雰囲気が最高!
中世レベルの惑星に来た主人公がハイテク宇宙人側、という立ち位置はユニークで楽しめました。
紹介記事【2018.07.25】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「モンテカルロ・ラリー」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

原題は「THOSE DARING YOUNG MAN IN THEIR JAUNTY JALOPIES "MONTE CARLO OR BUST"」、というかこの「大胆な若者の陽気なボロ自動車ども」的なタイトルはアメリカ公開時の物でイギリス版は単に「Monte Carlo Rally」だったようで。
TSUTAYA DISCASでこそ新作扱いながら'69年のパラマウント作品で2時間超のテクニカラー・パナビジョン(シネラマ方式)、DVDは日本語字幕のON/OFFだけでチャプターの区切りは入ってるものの選択画面すらないという安っぽい仕様。
公開当時ってF1やラリーの映画が流行ったのでしょうか、ただ本作は40年代かそれ以前の設定と思われます。

というのは劇中に英印戦争のキャンプが描かれている事と、出走するのが所謂クラシックカーばかりという事…また本作のようなヨーロッパ各地からスポンサーなしのアマチュア・レーサーが走り抜く形態は割と初期の話だったようなので、プレートのロゴは一緒でも同時期のF1映画「グラン・プリ」とかラリーゲームの「WRC」などとは別物ですね。
因みに劇中では“2400キロもの過酷な道のり”とされていますが、Wikipedia情報には前座ステージとして“ヨーロッパ各都市を出発して約1,000kmを48時間で走りきり、本戦前にモナコに集参する”とあります。

中盤の解説による本作のラリーは「欧州の5地点(スコットランド/ストックホルム/アテネ/シチリア島/リスボン)から別々のルートでフランスのシャンベリーまで規定時間内に到着した参加者が同じルートでモンテカルロに行き最終レースに挑む」というルールです、とはいえアテネとリスボンの描写は劇中にありません…つまり実質3箇所スタートで市内のグラン・コルニシュ道路が決勝戦です、まぁコメディですし。
撮影場所はローマのスタジオとヨーロッパ各地、っていうかパリとスウェーデンですね…景色は眺めていて実に気持ち好く、オススメ要素はこの点だけかも。笑

ほとんどオープンカーで「エディット・レーシング」ばりのバトルを繰り広げるヴィンテージ級マシンも魅力的ではありますが…筋立てを追っ掛けてるだけの演出は、コメディとしてなら「おかしなおかしなおかしな世界」の方が捻ってあって楽しめると思います。
「グラン・プリ」にあやかろうとしたのか下手なソール・バス風タイトルバックといい、逆効果の画面分割といいフランス映画にしては雑だな…と思ってたらイギリス映画だとか、英語版Wikipedia情報では英仏伊の合作だとかで詳細は不明。
名前を知ってる出演者も、トニー・カーチスとダドリー・ムーアぐらいでした。


以下、ストーリーのネタバレです。


冒頭のインド式リレーの早回しは「パーティ」みたいな劇中劇かと思えば、何と印英戦争の最前線にいた発明家のドーリッシュ少佐にラリー招待状が届けられるまで…発明品の実用テストと開発費に充てる賞金が目当てでも、発想レベルが「チキ・チキ・バン・バン」とは当時なりのハイテク感?

英国の長閑なゴルフ場では、父親の訃報に“准男爵の称号や資産そして一族も”とニンマリなクズ御曹司アーミテージ卿…しかし自動車工場の共同経営権を勝ち取ったアメリカ人も彼の新車トリプルSも気に食わず、亡き父の汚名返上と経営権を賭け愛車ニフティナインでパーキンズをお供にラリー勝負を持ち出します。
ドイツでは“悪の世界最速”ウィリーがレヴィノビッチ伯爵閣下の手引きで脱獄、瓜二つの花形ドライバーとして強制参加…目的はラリー特権を利用した密輸なので目立たず規定タイムで26位ゴール&写真には撮られるな、失敗すれば本人と同じ湖の藻屑と脅迫され。

ローマのカサノバ警官マルチェロは同僚アンジェロが共同購入した宝くじ当選金1万リラで勝手に買った高級車に激怒、しかし「第二のタツィオ・ヌヴォラーリ&マルコム・キャンベルのモテモテ人生を目指す」という口車に乗せられ…ミッレミリアの前哨戦だと張り切る、夢だけデッカイ教則本ドライバー2人組。笑
そしてモンテカルロでは実写版チャカチャカ娘みたいな三人娘、マリー=クロードとパスカルとドミニクがラリー主催者の車と事故って“女のドライバーか やっぱりな”って…ところがマリーは有能な女医で、主催者を一発治療してラリー参加を認めさせました。

スコットランド出発は英国カラーの深緑ニフティナインを駆るアーミテージ男爵&パーキンズ、対する白のトリプルSはアメリカ人チェスター・スコフィールド2世(トニー・カーチス)で刺客エリザベス・ハードウィック嬢が途中から同乗。
ストックホルム発は英国軍人の発明家ディグビー・ドーリッシュ少佐とバリントン(ダドリー・ムーア)のハイテク?カー、これも英国カラー…黒の車はウィリーとムショ仲間オットー組、シチリア島からは赤い車に乗るアンジェロ&マルチェロの脱警官志願コンビ。ベージュの車には女医のマリー=クロードと医学生という、かしまし三人娘が。

“モンテカルロ・ラリーには15の国々からドライバーが参加”
“48組がスコットランドのジョンオグローツから35組がストックホルム25組がアテネからスタートするシチリア島のラグーサから35組リスボンからは18組だ”
先ず雪のジョンオグローツはバグパイプと巻きスカートにスコットランド風情が、出走前からクズ男爵の仕込みで相棒欠場のアメリカ人スコフィは単独運転。
次のストックホルムはインドから参戦の少佐&部下が、そしてドイツ組は密輸品を仕込んだスペアタイヤと出発…ラグーサからはイタリア脱警官志願組と三人娘が追いつ追われつで発車。

英国ヨークシャー州ムーアズの足止めでレディのベティを拾ったスコフィ、24キロも離れたバーズリーまで送る羽目に…一方ストックホルムからマルメ行きの標識を薙ぎ倒した少佐の発明カー、道を間違え発明は壊れてカーリング&アイスホッケー中の氷湖に突入。
巻き添えの後続ウィリー&オットーと「ドイツ野郎をカイバル峠から突き落とす」「シュトゥルーデル峠から落とすぞ」と英独戦、右ハンドル対左ハンドルの掴み合い…発明カーはボブスレーのコースからスキーリフトを引っ掛け山頂へ、ドイツ組もスキージャンパーの直撃からタイヤを引っ掛けたトナカイに右往左往。

ドーバー港のフェリー乗り場でクズ男爵は部下を車で寝かせ自分は船室へ、間一髪で離岸したフェリーに飛び乗ったものの壊れたトリプルSの修理でカレー到着まで徹夜作業のスコフィ。
再びラグーサ、予定通り午後6時にローマ着を目指すイタリア組は三人娘と張り合って高級車を台無しに。
パリまで47キロのトリプルSは追ってきた警官をベティの泣き落としで騙して先導させるも、いざ着いてみればレディの買い物三昧に振り回される始末…一足早くパリのタイム・コントロールに着いたクズ男爵&パーキンズ、しかし指定時間より1時間も早くて逆に10点マイナスされムカムカ。

コペンハーゲンからリューベックに渡るも、税関で“ラリー参加者が宝石を密輸してると通報があった”と足止めされたドイツ組は少佐を密告…酒とタバコの申告洩れをチクられて、丸裸での取り調べを食う2人。
泉を見付けて水浴びの三人娘にギンギンのマルチェロ、娘の服を隠したアンジェロの裏を掻いたマリーは仕返しに彼らの荷物を失敬。
集合場所シャンベリーに近い給油所で依然トップのクズ男爵、溢れた燃料にタバコを投げ捨て爆破!…引火した愛車まで爆発するも、電話1本ですぐ届く“全く同じニフティナインを3台ルート上に仕込んである”とはパーキンズも呆れ顔。

集合地点は天候急変、頻繁に停電を繰り返す宿泊施設でも悪事を画策するクズ男爵…スコフィ入浴中に眠り薬をグラスに混入してベティに命令、小耳に挟んだスコフィはベティを疑い追い出すも恋には勝てず和解。
更にクズ男爵は各部屋の入り口に置かれた靴を取り換えて宿は大混乱、ちゃっかりマルチェロはマリーを連れ込み予想外の結果オーライ…主教の祖父が弱味を握られて、と事情を打ち明けるベティは睡眠薬入り牛乳を飲んじゃったスコフィに“私が眠らせない”って?
一夜明けた雪路を融雪カウキャッチャーで爆走する発明カー、後に続くはクズ男爵の新着ニフティナイン。

タイムの遅れを取り返そうと飛ばすイタリア組は逆に順位を落とし、ドライバー魂に火が点いたウィリーは“俺たちはドイツ人なんだぞ目指すは1位のみ!”と言ったそばから宝石を横取りしてスイス逃亡を企むも監視役の銃撃にレース続行…しかしスペアタイヤの幅がまぁ細い事、バイク用にしては径がデカ過ぎるか。
いよいよ睡眠薬が効いてきたスコフィに代わりド素人ベティが雪路を飛ばして滝の断崖で失神、そこに現れた雪上車に換装した発明カーは英国人のよしみで牽引救助…三人娘もスコフィを診察し強力な目覚め薬を処方、モンテカルロ目前のクズ男爵チームは首位独走。

“タイムトライアルをグランドコルニッシュで行う”“そこで最速タイムを出したチームが優勝トロフィーを受け取る”と主催者、到着まで42キロと浮かれた三人娘は「Night of the long knives」と悪名高いヘアピンの事故に直面…医師として捨て置けないマリーは医者の卵ドミニクらと救命処置、手伝いに下りたアンジェロ&マルチェロには“棄権しないで”と優勝を託して三人娘はレース放棄。
閣下の逮捕を知ったドイツ組は「勝ってムショに戻ろう」と決意、彼らのスペアタイヤを宝石入りと知らずに盗んだクズ男爵…悪事を重ねてきた彼が、こんな事で命取りになるとはね?

ベティがパリで爆買いしたのはクズ男爵に借りた金だったとスコフィに謝罪、勿体つけて告白する寸前で台詞を切る絶妙さには大笑いしましたけど…テイストからして当時はネタって訳じゃなかったようで、単に尺の都合で省略しただけか?
ラスト15分の決勝レース出走で発明カーが爆発、少佐は“カイバル峠に帰るぞ”と最後まで軍人らしい!
つづら折り坂でまたスペアタイヤを脱落させたクズ男爵、転がり込んだのはイタリア組の車…徐々に目覚め薬が切れて猛烈な副作用が始まったスコフィを追い上げるウィリー、独走だったクズ男爵がタイムトライアルも制してすんなり優勝?

やはり3位のアンジェロ&マルチェロが宝石タイヤを落としたクズ男爵を告発、パーキンズも彼に握られていた弱味の写真を焼き捨て嘘の証言で報復し失格+逮捕…繰り上げ優勝のウィリー&オットーも逮捕されて更に繰り上がったイタリア組が三人娘と優勝トロフィーのシャンパンを分け合い優勝確定、コース半ばで寝ちゃってたスコフィもベティが人手を集めてトリプルSを人力フィニッシュさせて賭けの勝利も成立です。
勧善懲悪とは微妙に違うにしても、ハッピーエンドで終幕なのは好かったな!
0
    | cinema | 2020.03.25 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top