ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「TAG タグ」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

'18年のアメリカ映画で、実話ベースとあれば普通はスルーしちゃうんだけど。
(えっ、実話でコメディ?)っていう意外さが気になりまして、しかも十代の頃から毎年1か月間欠かさず鬼ごっこ(TAG)してるというお茶目な小ネタを如何に観せるのかも興味津々で。笑
しかし約5分半の特典映像「鬼ごっこを30年間続けた男たち」による当事者コメントを聞くと、盛ってるような場面も実話に由来しているそうでビックリだわ。
劇中では人数を半分に絞ってたり記者が美女だったり密着取材だったりしますが、鬼ごっこ自体に絡むエピソードには制作者のリスペクト精神が感じられます

齢を重ねたが故に児戯を止めるのではない、止めたから老いるのだ…的なスローガン?まで本人たちが言ってるしで、なかなか小気味好くアレンジしたのね。
劇中では'83年の少年時代から30年間、未だ一度も鬼になっていないジェリーが無敗のまま鬼ごっこ引退を宣言した!と…前年の鬼だった獣医師ホーギーは、そうはさせじとインタビュー中の大企業CEOボブを取材記者ごと連れ出します。
そのままコロラド州デンバーで老父と楽しくキメてたチリ&オレゴン州ポートランドでカウンセリングを受けてる最中のセーブルも強制召集、一致団結して結婚式を襲撃する作戦開始!
(下欄に続きます、ネタバレ注意)

ところがジェリーは地元ワシントン州スポケーンでは護身術フィットネス指導者で知られた人物、そのパルクールじみた身体能力&徹底的に裏を読む発想に翻弄され…ジェリーと婚約者スーザンの前で「式での鬼ごっこ禁止」ルール改訂に同意し婚礼に招かれるも、この絶好の機会を逃す訳にはいかないと粘るホーギー。
しかし婚前パーティーにボブとチリの元恋人シェリルを呼んだのもジェリーの心理戦で、この辺りからが最高に可笑しい!…まんまと今は独り身の彼女を巡って結束が乱れ、全員と幼なじみの過激な妻アンナはチリ派で夫ホーギーはボブ派と真っ向対立でエキサイト?

個人的に大笑いしたのは、パーティー会場で“これは芝居だ全員エキストラさ”のメタ発言&“シェリルって誰?ヨーコみたいな役回り?”のビートルズネタに対する“それは誰?”という返し…談笑するチリとシェリルを見つめるボブとホーギーの背後で妄想アテレコかますジェリー、それに釣られたボブ脱落でジェリーを逃して誘い込まれた森にオジー「Crazy train」を流して発動するランボーも真っ青のギミックね!笑
この流れは上手いわ、更にはチリ脱落から“彼女にフラれる時間なら6月にいくらでもある”〜フィットネスジム受付の細マッチョ水責めネタまで笑っ放し!

この辺のギャグは流石に盛ってる感じですが、脚色が冴えてるね…ホーギーの母親の呑気さや、溜まり場のバー主人で鬼ごっこ仲間に入りたいルーもイイ感じ。
ブランズウィックの禁酒会でスーザンが切迫流産?のフェイクニュースに、男たちのインナーチャイルド“正義が流産した”とは言うなぁ…しかし無茶をしたホーギーの焦りは思わぬ展開を見せ、ジェリー引退は“最後に皆でゲームをするため”の嘘だったと判明。
結婚式に仲間を遠ざけたと詫びるジェリー、無敗記録が距離感を生んでいたけど“鬼ごっこはお互いから逃げるためじゃなく――顔を合わせるためにある”と。

おいおい結局「感動の実話」か、と思わせて…ホーギーが鬼のままゲームの歴史を終えるか、ここでジェリーが鬼童貞を卒業して続けていくか?で始まる病院内の鬼ごっこには加入が解禁されたアンナ&記者のゲスト参加で泣けてきました。
馬鹿げてるよね?だけど上手いのよ演出が、確かに幼かった頃に味わった鬼ごっこの一体感と興奮を思い出せた嬉しさの涙なんです。
そして本当にウォール・ストリート・ジャーナルの紙面を飾った本人たちの映像、最初に流れたファーサイド「Runnin'」がラストでは違って聴こえました。
あとクラッシュ・テスト・ダミーズの「Mmm mmm mmm mmm」ね!

ホーギー役はエド・ヘルムズでジェリー役がジェレミー・レナー、ボブ役はジョン・ハムでチリ役がジェイク・ジョンソン…セーブル役ハンニバル・バーエスに記者レベッカ役アナベル・ウォーリス、アンナ役アイラ・フィッシャーにシェリル役ラシダ・ジョーンズ
特典映像「鬼ごっこを30年間続けた男たち」によると実際は10人で'82年から始めた、高校時代の休憩時間“ベルからベルまで5分間の追いかけっこ”に由来するそう…やがて合意書が作られ、期間は2月の間/タッチ戻し無効/鬼である事は隠さないが三原則に。

彼らの噂をカクテル・パーティーで小耳に挟んだ記者により紙面を飾って、まさか40年後に映画化されると当時の誰が思ったでしょう?…映画のキャストより年上っぽい本人たちですけど現実には健在なようで一安心、というか映画の方で「感動の実話」パターンをネタにしてたって事か?笑
本能的に逃げたくなる、っていうコメントはリアルだな…だって今更マジになる必要ないじゃん、でもいざ(来た!)となればねぇ?
「タッチは一瞬でも常にお互いを気に懸けるようになる」と聞けば納得です、年に一度の再会に向けてアイデアを凝らし準備を楽しむってオトナの遊びですよ。
0
    | cinema | 2020.04.25 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top