ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「重神機パンドーラ 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

'18年にTVOAされたロボットアニメで、総監督&重神機のデザインは河森正治…主要スタッフも河森作品に所縁ある人物を起用し、原作も河森がアニメーション制作のサテライトと共同で手掛けたと知ったら期待せずにはいられません。
しかもWikipedia情報によれば、本作は河森と親交がある中国のプロデューサーが企画したそうで…製作も福建省厦門(アモイ)の制作会社がサテライトと連携しているというだけあって、国産アニメながら一味違ったテイストがユニーク。
とはいえ未来中華って今更「ブレードランナー」か?っていうのもあり、意外と世界観に新味はないな。笑

舞台となるのは2038年のネオ翔龍(シャンロン)、量子リアクター暴走事故による進化フィールドの発生で生態系が機械と融合進化して人類は絶滅寸前…各地の絶対防衛都市を襲うB.R.A.I(ブライ)に立ち向かう都市防衛隊と雇われバウンティ・ハンター、しかし巨大な敵を撃破したのは進化物理学者レオンが駆る多重次元集積システムのハイパードライブ搭載機でしたっと。
尤もらしいSF用語で難解そうに見せていても、結局「多重次元アタック」パンチ一発で粉砕しちゃうという熱血王道スパロボ展開?
だから敵メカもカニだったのかな、外はカチカチだけど中はフワフワってね!笑

そもそも敵が巨大&生き物って特撮ヒーロー物オマージュだよね、そして戦いのド素人が初戦で勝利ってのはガンダム〜エヴァのリアルロボット物…つまり今の子供にスタンダードを継承していく主旨なのでしょうから、対象年齢から外れてる僕なんかが「古臭い」とか「詰まんない」とか言っちゃあイケナイ訳ですよ。
ただね、普段の惚けた口調がバトルで豹変する性格って悪者パターンじゃ?…野心を隠し切れてない食わせ者レオン、師匠ロン博士の事故死も世界を破滅させた暴走もカニメカに内臓されていたハイパードライブもレオンが仕組んだって事?
潔白でも面白くないけど。

主人公レオンCVは前野智昭、ロン博士CV石田彰
レオンの疑似家族クロエCVは東山奈央、ネオ翔龍市長の姫ことセシルCVは茅野愛衣…部下のジェイ秘書官CVは梅原裕一郎、武官ケイン(CV石塚運昇)の「カウボーイ・ビバップ」ジェットみたいな「盾の勇者の成り上がり」武器屋そっくりキャラってお約束?笑
都市防衛隊を率いるグレンCVは内田雄馬、バウンティ・ハンターの侠客クイニーCV花澤香菜&猫好き狙撃手ダグCV津田健次郎
OP&ED曲はバンチキ風と思ったらBUMP OF CHICKEN本人、やっぱ藤原の声って妙な凄みがあるし彼らの曲って独特な雰囲気だわ。

CGの迫力はハリウッド大作並みで中国マネー&マンパワーの勢いに溢れてますね、バウンティ・ハンターのクイニーが仇討ち目的という武侠伝っぽさや火鍋シーンなどには「日本アニメを外国人が観たら感じる文化的ギャップ」的な見方が楽しめます…でもね、やっぱり僕は観なくて好いや。
ただ、この国産アニメのフォーマット故に醸し出されるエキゾチック感は唯一無二ですよ…それだけでも一度は観てみるのをオススメします、詰め込みSF要素はハッタリ臭いけどね。笑

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その70
0
    | animation | 2020.04.27 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top