ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

そういや以前ノベライズ版を読んだけど、その内容よりもオカ板を読み漁ってた頃に本作のタイトルがよく引き合いに出されてた事が僕には印象深いですね。
祖母レイコ(CV小林沙苗)の遺品は“そこに名のある怪(あやか)しを統べる力を持つ”「友人帳」、それを引き継いだ夏目(CV神谷浩史)は霊感ならぬ怪感を持つ地方暮らしの高校生。
レイコが妖怪に名前を記させた契約書の束「友人帳」という、真名に宿る霊力の扱い方が素的ですな…そして夏目の名は怪界に知れ渡り、代替わりしたとも分からない妖怪たちが「友人帳」を奪いに来ては後見人?ニャンコ先生に撃退され。

といっても妖怪バトルではなくて、方向性としては「蟲師」に近い雰囲気です。
本作も隣町の五丁町を舞台にした心暖まるエピソードで、人との関わりを諦めていたような祖母を覚えていてくれている人や妖怪たちと彼女の主観では見えてなかった相手の思いから生の痕跡が丁寧に描かれます。
本編の漫画もテイスト的に近いのだとしたら、基本的にはレイコという故人の一風変わった追善供養であり死から生を逆照射する構造のストーリーなのでしょう…そう考えると「xxxHORiC」的な今風オカルト×ローカル漫画のハイブリッドといえるのかも、因みに本作の脚本もノベライズ版同様村井さだゆき
(下段に続きます)


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】大泉実成(文)、水木しげる(絵)「水木しげるの大冒険2 妖怪の古里紀行」| 2008.01.21
【最近読んだ本】奈良行博「中国の吉祥文化と道教」| 2011.08.15
【最近読んだ本】秦寛博「悪戯好きの妖精たち」| 2011.05.17
【最近読んだ本】伊藤清司(監修・解説)「怪奇鳥獣図巻」| 2014.08.09
【最近読んだ本】緑川ゆき(原作)、村井さだゆき(小説)「小説・夏目友人帳」| 2014.07.02
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】シャルル・フレジェ「WILDER MANN 欧州の旅人」| 2015.10.24
【最近読んだ本】日本民話の会・外国民話研究会(編訳)「世界の妖怪たち」| 2015.10.31
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17

両親を亡くし藤原家に馴染むまで親戚を盥(たらい回)しにされていた夏目、転校がちで怪感発言で疎外感を味わってきただけに祖母レイコの強さと寂しさに共感する部分も…だからこそ記憶という居場所を失う事や、亡き主の任を解かれず未だ大アヤカシを追う式神に人一倍の恐れを抱くのかも。
レイコの縁で出会った切り絵作家ヨリエ、明らかにキー描写な独り息子のムクオ…ニャンコ先生の異変から級友たちの記憶書き換えと物語は加速を始め、五丁町の式神を追って現れた祓い人が危機感を煽ります。
ミステリー要素は僕でも先が読めるレベルですが、どんどん引き込まれました。

しかし着地点はそこじゃなく、夏目自身に戻ってくるのが上手いですね…子供時代に些細な事から疎遠になったユウキ少年は、決して怪感発言の真偽が目当てで夏目に接近した訳ではなくて。
「俺も夏目が見てるモノを見たかった」から「自分も見える」と言ったユウキ、子供の嘘には思いを言葉にする事で叶えようとした根源的な理(ことわり)が潜んでいるのかもしれません。
どこかに実在しそうな田舎の風景、晩夏の然り気無い空気感が伝わる背景作画。
返名の儀式で夏目が半眼になるのも、個人的にはグッときました…それにしても津村家の襖(ふすま)ね、凄い色柄で笑いましたよ。

妖狐の斑(まだら)が姿を変じたニャンコ先生、なんと両者のCVは井上和彦が演じ分けていたとは!…津村容莉枝CVが島本須美というのも意外でしたが、切り絵作家というお飾りじみた設定が重要なフックに活かされていたのも見事です。
妖怪とはいえ夏目組「犬の会」が今どき珍しい動物虐待を披露して、これは全米公開したら丸々カットだろ!…しかし獺祭みたいな猫祭の一升瓶などニャンコ先生ネタは好いアクセントですな、津村椋雄CVは高良健吾で結城CVは村瀬歩。
妖怪もんもんぼうは、バイきんぐ小峠のアテレコ慣れしてない口調とキャラが一致してて感心しましたよ。

夏目の事情を知る級友の田沼(CV堀江一眞)、幾らか怪感があるらしい多軌(CV佐藤利奈)…夏目と縁のある封魔師?名取(CV石田彰)は亡くなった祓い人の式ハバキを解任する依頼を受け、柊(CVゆきのさつき)笹後(CV川澄綾子)瓜姫(CV樋口あかり)の3体を引き連れ登場します。
祓い人の派閥など夏目とは相容れなそうな妖怪退治のエピソードは、原作でメインストーリーに絡んそうですな…彼らにしてみればホノカゲは「人に混じって暮らし最後は人の記憶を奪う残忍な大アヤカシ」、とはいえ夏目の気持ちを酌む名取の大人対応でホノカゲは自ら人の世を去りました。

失われた思い出に零れる涙は、どこか「時をかける少女」のほろ苦さを思わせますね…正に実から出たサビとはいえ執着を許されない身の上に、どこか自分の姿を重ねて見た夏目の気持ちが自然に円環を綴じる結末へと繋がっていきました。
奇を衒わないエンドロールも好感、'18年公開でアニメーション制作は朱夏。
0
    | animation | 2020.05.01 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top