ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
エラン・マスタイ(著)、金子浩(訳)「時空のゆりかご」

初版'18年のハヤカワ文庫で、原著「ALL OUR WRONG TODAYS」も前年に発表されたばかりというカナディアンSFです…著者はSFに限らず名の知れたハリウッド作品を幾つも手掛けている気鋭の脚本家にして映画製作者で、作家デビューとなった本作も刊行前に映画化権を大手が買い取ったとか。
というより元々が、映画の脚本として執筆していたそうで…まぁ即座に映画化されるとは限らないにしても、彼自身が脚本に練り直しているというから原作とは似ても似つかない映画になる心配はなさそうです。笑
しかし本作、時間SFの体裁を取っていますが本質はジュブナイルなのでした。

時間SF風ジュブナイルといっても主人公は生まれながらの負け犬アラサー、偉大なる父親の重圧で如何にヘタレな半生を送ってきたかというクソみたいな自分語りで445ページの前半158ページが費やされます。
本書のレビューを書いてる方々は、おそらく55章が前章までのあらすじと知るより早く評価を下したのだと思いますね…駄文の烙印を押されてから覆す程のインパクトもないですし、そもそも「あの頃に夢みた別の未来から来た青年が巻き起こすドタバタ騒動!」を期待してるからオフビートかよ!と腹が立つ訳です。
実際「1,100(税抜)返せ」的な論評も仕方ないかと。

それはハヤカワSFだから辛口になるのであって、朝日ソノラマ文庫だったらまた違った筈です…ただし世界線の分岐点が60年代半ばに置かれたニュアンスは、逆にソノラマ読者じゃチンプンカンプンでしょう
ベトナム戦争とアポロ計画という、アメリカ黄金時代の崖っ縁が想像出来ないとね…凋落目前とは思いもしない当時のアメリカ国民が描いた楽観的なビジョン、その世界を小説として表現出来なかったからこそ苦肉の覚え書き形式に仕立てたのではないかと思ったり。
要は著者の脳内にある魅力的なイメージが文章に置き換えられていないのが、評価を損ねている要因かと。

映像化すれば逆「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な感じになるんだよね?と、判官贔屓になっちゃうのは巻末の謝辞と訳者あとがきを読んだせいです。笑
イスラエル人の父が移住までして結婚した母は美術館の館長を務める美術評論家、化学者の祖父の影響で幼い頃から50〜60年代SFに描かれていた“すでに確定し、わたしにとっての遠い過去になった未来に思いをはせ”たという著者。
その来歴で腑に落ちるのは、彼が相次いで亡くしたばかりの母と祖父が本書に描かれた父母なのです…読み方としては邪道ですが、著者自身の幸福な日々が反映されている点はリアルな訳。

きっと自身の思い出から「パルプSFの能天気な未来と実際の未来」を発想して、結果的に悲観的な現実に直面せざるを得なくなる前の甘い日々に自身の幸福な記憶を織り込んでバランスを取ったのでは?と…架空の未来を描写する筆力のなさを補うリアリティを持ち込んで、甘酸っぱいジュブナイルに仕上げたのだろうという感じがしたのです。
主人公が息子へ伝える覚え書きとして「この世界は完璧じゃないけど最悪って程でもない」と、そして歴史には残らないけれど君の父親が今の世界を残すために最善を尽くしたのだと。
青臭い大人のためのパルプフィクション、なのでは?
0
    | books | 2020.05.12 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top