ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「魔法少女特殊戦あすか 3」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

異世界大戦後の世界に覇を唱えんと策動する「バベル教団」の“悪い魔法少女”アビゲイル、主人公あすかのクラスメイトとは知らずに外事警察官の娘を拉致って拷問…大戦中の確執を抱える警察庁と防衛庁に先んじて動いたラプチャーあすか&ウォーナースくるみ、奇襲でクラスメイトを奪回するまでが前巻のお話。
クラスメイトを抱えて戦線離脱したウォーナースくるみを追うイカレ小娘アビゲイル、一方ラプチャーあすかはロシアの双子魔術傭兵に苦戦中…制式格闘技システマとツーマンセルを応用した精霊との連携技2人前、流石に伝説の少女も圧され気味?と思わせといて。

魔法戦の勘を取り戻せたら魔力ブーストで瞬殺とは意外と余裕だったのね、しかし回復メインのウォーナースくるみはアビゲイル&改変魔法生物に追い込まれ…マジでダルマにしちゃうのか?と思ったら対魔戦に特化した陸自M班が形勢逆転、更に追い付いたラプチャーあすかがイカれ小娘を活き〆にするかと思いきや。
完全に格上の“女王様”がアビゲイルを連れ去り、不可解な既視感を残して戦闘終了…PTSDを発症したクラスメイトに魔法少女の自分を拒絶され、ウォーナースくるみの短期記憶消去でクラスメイトとしての思い出も失った事でラプチャーあすかもM班に加入と。

幼い頃にTVで観て憧れた魔法少女も、現実は甘いモンじゃなくて…って、夢を壊すようなアニメですな。
くるみ同様、陸自所属となったあすか…メキシコで麻薬カルテル撲滅中のミア、しかし残りの2人はOP&EDだけで引っ張り過ぎ!
とはいえ微妙に毎回OP映像を差し換える手間には感心します、しかし何故に阿佐ヶ谷が舞台なんだろう?陸自は習志野駐屯地だし。
ただM班の若手も合流しての七夕祭りは“縁起でもない”フラグになりそうな位、ほんのり阿佐ヶ谷っぽさが効いてて甘酸っぱいな!
一度は終わりかけた世界、その混沌で失われた亡霊が新世界を断罪するのか。

ミア来日は麻薬カルテルのアジトで発見された魔法キューブ死体絡み、その彼女を誘き出す罠にマジカル・ファイブの合言葉を残すとなると…まさか「バベル旅団」に、未だ戦線復帰してないペイペイが噛んでる?
否、むしろ(と思わせて)パターン進行が本作のウリみたいだし…ただ南米呪術でアヤワスカは新味に欠けるというか、古式ゆかしいけど強そうじゃないよね?笑
ともあれ、くるみダークサイド発動といったネガ展開じゃなくて一安心だわ…因みにCVはくるみ役が関根明良でミアは松井恵理子、今回も本編前に「一部TVOA時とは表現が異なる云々」の警告ありでした。


前巻
0
    | animation | 2020.05.09 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top