ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「RELEASE THE SPYCE 1」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

香辛料とスパイを引っ掻けたタイトルで、まさか幼女忍者だったとは…いや女子高生だそうですけど、スパイス服用で心身活力向上の物理バトルと来たか!
敵ロボのヘッポコ感に期待しつつも)「ガッチャマン」「けいおん!」?)と警戒してましたが、そんな第一印象よりは断然マシですな…まぁ「スパイの語源がスパイス」とは初耳ですけどね、いや一説とはいえ。笑
冒頭の工場長(CV早川毅)&用心棒(CV福山潤)のやり取りとか、主人公モモチ(CV安齋由香里)の台詞回しは昨今のアニメじゃ珍しい絶妙な可笑しさです。
正義を拡げ過ぎず、町の平和で始めるのも好印象。

常人離れした五感の持ち主で亡き父のような警察官に憧れるモモチ、クラス替えで声を掛けてきた活発キャラのメイ(CV洲崎綾)&清楚系ゴエ(CVのぐちゆり)が実は「ツキカゲ」だなど知る由もなく…というか入学当時から憧れのユキ先輩(CV沼倉愛美)が現リーダーで、まさか彼女の弟子になるとは思いもよらずに。
父の元部下で婦警のアユム(CV湯浅かえで)に進路相談の約束をすっぽかされ、嫌な予感から匂いを追って軍事人形の密輸現場に遭遇したモモチ…勇気を振り絞った結果が海の藻屑かと思われた刹那、見慣れない忍装束のユキ先輩たちに助けられて正式スカウト交渉。

拠点のカレー屋の地下が秘密基地だったり、憧れの先輩とタイマン師弟関係だとか懐かしめな設定を上手くあしらってますな…っていうか「仮面の忍者月影」って、何かなかったっけ?笑(それは赤影でしたね、失礼!)
戦国時代に町の自警団として始まり、香辛料貿易の商人が遺した資産を運用する財団を母体として世界各地の関連期間や警察組織とも連携する正義の集団「ツキカゲ」…敵は世界規模の犯罪組織「モウリョウ」及び関連団体、例の密輸未遂事件もその一端だった訳ね。
今や工業地帯となったソラサキ、うーん川崎?と思ったけどピンポイントでしか知らないんだよな…どこであれ、地元愛も好い感じ。
(下欄に続きます)

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その72


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『TVアニメ【RELEASE THE SPYCE】第二弾PV』

初回はモモチとツキカゲの出会いで、第2話はモモチ特訓&入団テストと詰め込み過ぎずに合間を描いていくのは主眼が組織の対決じゃないからでしょうな…彼女らはスパイスのブーストが効かなくなると卒業で、記憶を消すか一般人に紛れて協力者となるかの二択。
カレー屋の店長カトリーナ(CV小松未可子)もOGで、彼女の弟子がメカオタ眼鏡のハツメ(CV内田彩)でゴエは孫弟子…モモチの1コ下で変装名人フウ(CV藤田茜)はメイの弟子と、部活っぽい横並び感にも師弟関係を絡ませる要素が摂取するスパイス&得物の系統ですね。
一子相伝という忍者物の要素を、今風にアレンジと。

もしかしたら忍者物が好きな人にはコードネームと得物の関係も何か分かるのかもね、まぁ石川五右衛門は忍者じゃないし狙撃もしないけど!…ローレル葉で赤目とかナツメグ?で緑目とか、そこら辺はスパイスに詳しい人だって分かる筈ないと思いますが。笑
だけど今やアニメって「中身とキャラの外見は関係ない」と改めて感じましたよ、勢いで誤魔化さない演出ながらダレ場なしでオッサンでも引き込まれちゃう出来ですし…何より本作には、対象年齢の子供に伝えたい事が詰まってるし伝えようとしてる熱意が伝わって来るんです。
言葉にすれば月並みな、映像だから活きる普遍性を。

いや持ち上げ過ぎかもしれませんね、本編が始まった時に感じた(出たよ萌え系)的な最悪の先入観を気持ち好くひっくり返されたせいでしょう…次巻では「ツキカゲ」から「モウリョウ」へと寝返った内通者の正体が明らかに?というかモモチ初仕事でソープ潜入って、意外に高めな対象年齢かも?笑
つい二度観しちゃって気付いたんですけど、竹刀を振り慣れてるユキ先輩いや師匠と素人なモモチの描き分けは何気に細やかだよね。
TVOAは'18年、アニメーション制作はLay-duce。
それと近年のアニメOP曲って無駄に手数が多いね、まぁ「弾いてみた」動画アップ狙いなんだろうけど?
0
    | animation | 2020.05.13 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top