ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「クオリディア・コード 2」(←リンク先はTSUTAYA作品情報)

未確認浮遊物体=アンノウンの襲来で終焉を迎えたかに思われた日常は、一部が異様な発展を遂げながらも継続していた…かつてコールドスリープで守ってくれた大人のために、各自に宿る“世界”で戦う義務を刷り込まれている子供たち。
内地と隔絶した学園という名の前線基地で対アンノウン戦に専従する、千葉/東京/神奈川の首席&次席の6人+地域管理官の熱血オヤジ朝凪求得&補佐役の夕浪愛離を中心としたお話。
今回は超巨大アンノウン撃退戦で、壱弥の独断専行が裏目に出てカナを危険に晒すも結果オーライの成長エピソードと思いきやラストで大どんでん返しが発生!

前巻のような壱弥×チバカスの丁々発止などお約束な見せ場に流れず、またサービス要素もなくタイトなストーリー進行でしたね…しかし大人の世界と違って各都市トップで足の引っ張り合いなどせず、信頼関係は見掛けによらず深いんだ?
壱弥とカナの東京校は魔法使いで、カナの“世界”は歌の補助魔法なんですが…いくらオーラ枯渇したって急に吐血&意識不明って妙だよね、仕切り直しの三校合同戦線では壱弥も心機一転+毒舌封印で古の兵法を基に自ら陽動に徹します。
ここで寝不足チバカス冴えまくりの「ポチッとな」連打、笑いを取りつつ装甲列車を踊らせる荒業を披露。

神奈川も大量バラストで潜水接近した空母を、超巨大化アンノウンの懐で急浮上させる力業で接近戦を敢行!…流石“力はパワー”を地で行く舞姫、笑ったわ。
容体を持ち直したカナは同じく入院していた東京校の精鋭部隊と共に事務方の青生を説得、彼女の管轄でもある神奈川ルートから現場入り…これが海ほたる沖合い5キロ以遠の「侵入不可領域」を経由するという痛恨のミスに繋がるのですが、青生とカナの合わせ技バックアップを得た壱弥と舞姫の合わせ技でアンノウンを一刀両断し見事撃退に。
強さへの焦りが招いた失態に首席をカナに譲ると語る壱弥、その目前で彼女が?

青生のうなじに侵入不可領域の痕跡、カナもまた痕跡を残して海辺にいた事が仇となったようですが…まぁ死んではいないだろうけど、ヒロイン不在じゃ次回からOP&EDタイトルバックは全面的に描き替えだ!
いやそういう問題じゃないな、求得たちは知ってて隠してたのかね侵入不可領域の秘密…人間がアンノウンの領地に入るとタグ付けされて拐われちゃうのか、むしろ“世界”が発現するコールドスリープ自体がアンノウンの技術だったのか?
前巻ラストの「私たちはまだ“世界”の事を何も知らなかった」という独白が、いよいよジワジワ利いてきてシリアス展開かな次巻。
0
    | animation | 2020.05.14 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top