ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
ポール・オースター(著)、柴田元幸(訳)「リヴァイアサン」

ついに、ポール・オースターを読んでしまった。
ずいぶんと、手を出しかけては引っ込めてを繰り返してきた。
平坦でいて急に話が飛ぶ、読み慣れてない作風に戸惑いながら。
奇妙な振る舞いをする登場人物が次々と現れるが、その奇妙さの書き込みによって存在感が増してくる。
まるで現実の中で翻弄されているような、言いようのない切実感というか・・・。
そこから逃れようと、カタルシスへと読み進むのだが結末は冒頭に示されている。

タイトルは、七つの大罪で嫉妬に対応する海の幻獣。
そして17世紀に書かれた、先駆的な国家論の題名でもある。
すべての国家は腐敗している・・・という献辞と、絡み合う人間模様の行く末は意味深い。
まだまだ、読み返すたびに気付く事がある気がする。


再読【2014.04.23】


その他、柴田元幸の関連記事:
【最近読んだ本】柴田元幸・編「どこにもない国」| 2008.03.27
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「題のない本」| 2012.12.13
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「華々しき鼻血」| 2012.12.16
【最近読んだ本】ポール・オースター「ミスター・ヴァーティゴ」| 2014.07.31
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」| 2014.10.05
【最近読んだ本】バリー・ユアグロー「憑かれた旅人」| 2015.03.01
0
    | books | 2008.01.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top