ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
山下洋輔「ピアニストを笑うな!」


楽譜じゃありません、エッセイです。
フリー・ジャズの第一人者であり、ハナモゲラ語の先駆者であり、
タモリの発掘者であり、・・・その音と文章で思春期に多大な影響を受けました。
筒井康隆の著書から興味を持ち、14歳の僕を六本木ピット・インに走らせたお方です。
肘撃ち頭突きで汗を飛ばし、ドシャメシャにピアノ弾き倒してました。

しばらくぶりに、あの強烈なエッセイを読みたくなったのですが。
思えば当時から四半世紀が経過して、文体も穏やかに堅実になる筈ですなぁ。
「ピアニスト」シリーズや「風雲ジャズ帖」が懐かしくもあり、
しかしこの本の後半「スゴイ人たち」は目頭と胸を熱くさせます・・・。

特に最後の「アントニオ・カルロス・ジョビンは一人しかいなかった」は、ボサノヴァを語る上では必読かと。
妹エレーナの書いた伝記「アントニオ・カルロス・ジョビン―ボサノヴァを創った男 」巻末に収録されたものと同一なので、興味ある方は是非そちらもお奨め致します。


〈山下洋輔〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近聴いたCD】山下洋輔トリオ「キアズマ」| 2010.05.21
【最近読んだ本】筒井康隆「ジャズ小説」| 2009.09.12
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近聴いたCD】山下洋輔「センチメンタル」| 2013.05.01
【最近読んだ本】河野典生、山下洋輔「インド即興旅行」| 2017.02.23

〈アントニオ・カルロス・ジョビン〉関連記事:
【最近読んだ本】村上春樹「意味がなければスイングはない」| 2010.11.16
【最近聴いたCD】「ゲッツ/ジルベルト」| 2011.10.12
【最近聴いたCD】V.A.「ザ・ボサノヴァ 3」| 2007.10.16
0
    | books | 2008.01.26 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top