おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近行ったところ | main | 最近買ったもの >>
最近聴いたCD
ニール・ラーセン「ジャングル・フィーバー」

もしやと思えば・・・やっぱり!
「Who'll Be The Fool Tonight(邦題:今夜は気まぐれ)」のラーセン=フェイトン・バンドの人でした♪
しかし、そんなAOR路線よりも少し古いため、なんだか懐かしい音ではあります。
まさしくフュージョン以前、といった趣きでしょうか。
僕は「ナイス・ショット」前後の渡辺貞夫を思い出したりも。

ちなみに、相棒フェイトンさんのギターも全開のインスト・アルバムです。
余談ですが、近頃話題のバジー・フェイトン・システムの考案者でもあるそうで。
それは何かといいますと・・・。
ギターで和音を鳴らす時、倍音が干渉しあって不快に聴こえる構造を、完全音程よりも微妙にピッチをずらして解消するらしい。
それによってギターのハーモニーが奇麗に響くという発想を、17世紀ドイツの調律師が発見しピアノに革命をもたらしたチューニング方法からギターに持ち込んだのだとか。
よく分からんけど。笑
0
    | music | 2008.01.29 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top