ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 最近行ったところ >>
最近読んだ本
小川弘「アフリカのかたち POWER OF FORM―African Art in Japanese Collections」

アフリカの椅子は、とても座り心地が好くて素晴らしい。
僕のお気に入りの美術館や、近所のデパートの休憩所にも置いてある。
だけど、いつも何となく後ろめたいような申し訳ない気持ちになってしまうのだ。
四隅が丸く飴色になって、ちょうどよいくぼみができたのは、様々な人が腰掛けていた短くない年月があるのではないか。
頭に浮かんでくるのは、その椅子が置かれていた木陰を眺める村人の姿だ。
そんなイメージが、どうしても離れない。

本書にあった、一文にハッとした。
「単なる生活民具という以上に宗教的、精神的な意味合いを持つ」
単なる流通商品である以前に、あるべきだった場所があるのではないか。
そう思うと、こうして写真に残して観賞するのは素的だという気がする。
たとえば椅子なども、精密な複製品を作製してオリジナルを彼の地に還したい気がする。
まさかそれでは研究や調査が進まない訳でもあるまいから。


〈アフリカ〉関連記事:
【最近読んだ本】リンド・ウォード「狂人の太鼓」| 2009.09.03
【最近読んだ本】アフリカ理解プロジェクト 編「アフリカンアート&クラフト」| 2009.12.03
【最近読んだ本】青木弐朗「リビア ローマ遺跡写真集」| 2009.12.03
【最近やったゲーム】PS2ソフト「GTC Africa」| 2010.01.09
【最近読んだ本】佐藤秀明(写真、文)「サファリ」| 2011.08.27
【最近読んだ本】前川健一「アフリカの満月」| 2011.11.07
【最近読んだ本】江口一久「ぼくの村、カメルーン・フルベ族の人びと」| 2012.02.12
【最近読んだ本】松本仁一「アフリカで寝る」| 2012.06.07
【最近聴いたCD】「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」| 2013.03.29
【最近みたDVD】「失われた文明(10)アフリカ 奪われた栄光」| 2013.04.07
【最近読んだ本】藤原章生「絵はがきにされた少年」| 2019.09.11
0
    | books | 2008.02.26 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top