ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近行ったところ | main | 最近読んだ本 >>
最近みた映画
「いのちの食べかた」

「ファーストフード・ネイション」
(←リンク切れ)

(リンク先は公式サイト)

まるで食には関心ないのだが、奇しくも続けてハシゴした映画の内容は似たような要素を扱っていた。
「いのちの食べかた」は畜・農・漁の現場見学。
ナレーションもBGMもない、淡々とした“商品”の過程。
ちなみに森達也が撮ったのかと思っていたが、そうではなかった(でもテイストは近い気がする)。
「ファーストフード・ネイション」は、意外に大物俳優が起用されてるエンタテインメント作品。
食肉加工工場を舞台に、労働力の搾取など複眼的な視野で絶望的ともいえる現状を描いている。
もはや「肉食うな!」じゃあ済まない、人間性あるいは倫理性と相容れない経済流通の正義をどうしたものか。
0
    | cinema | 2008.02.28 Thursday | comments(3) | trackbacks(0) |
    最近、「ファストフード〜」観ました。
    なんだかいろいろ中途半端だったような気がします。
    もっと突き抜けてくだらなくしちゃえば、
    最後の場面がより生々しかったのにとか。

    けれどもこの中途半端な感じが、
    実はとても生々しい現実の日常だったりして、
    なんてことを思えばとてもせつない気も。

    最後の牛を殺す場面、解体していく場面、
    なんだかブッダさんの前で火に飛び込むウサギ
    の話が思い浮かびました。

    もちろん、だからオッケイというわけではなく。
    | M | 2009/04/17 11:17 AM |
    お久しぶりです、コメントありがとうございます。

    いくら淡々と作っても、制作者のバイアスが消え去る訳ではない・・・という意味での中途半端さですかね?
    いろんな現場の断片的な映像を並べただけ、といった見せ方も中途半端といえるでしょう。
    ひょっとしたら、そのことごとくを中途半端に放置したような感じが僕には(映画の原点)といった印象に思えたのかもしれません。

    各地のニュース映像を、村々を回って広場に張った幕に映していた時代・・・って単なる想像でしかないのですけど。
    そして僕もまた、この異世界のような現実感のなさに(実はとても生々しい現実の日常)的な暗幕の裏側を感じてヒヤリとしたのでした。
    怖いのは自分自身の疑わない日常とか普通感ではないか?って・・・。

    ところでブッダさんにも同じ逸話があるんですね、僕はキリストさんバージョンで知っています。
    | tom | 2009/04/17 8:42 PM |
    あぁっ、勘違いしてました!!
    「ファストフード・ネイション」の話をされているのに、なぜか「いのちの食べかた」の方に脳内変換してレスしておりました・・・。 "orz
    申し訳ありません、なので改めまして。

    「ファストフード・ネイション」は、考えさせられるフックが数多くぶら下がっているような感じではありました。

    もちろんエンタテインメントであり、そういう茶番の舞台にこれでもかとぶちまけた感もあります。
    それらのフックを選り分けたり、物思いに沈んでいる間に場面は進んでゆく。
    すべては中途半端になり、思考も尻切れトンボになり、抱えきれないテーマから浄化されるエンディングでもなくて。
    そこには、誰もが思考停止に陥っている姿が二重写しになっているようでもありました。

    毒を含んだ笑いが救いだったのも、思い出してみると皮肉な話ですが。
    | tom | 2009/04/25 6:36 PM |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top