ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
石井正己「図説|遠野物語の世界」

もともと遠野物語と柳田國男という人は、両方とも名前を知っているに過ぎなかった。
以前読んだ恩田陸の「常野物語」で、遠野物語の名を初めて聞いた気がする。
遠藤ケイの「おこぜの空耳」で、柳田國男という人に興味を持った。
そして高橋貞子という郷土史家(違うかな? 少なくとも千里眼の人ではありません)の「座敷わらしを見た人びと」のようなフィールド・ノートっぽさが気に入って、この本を読んでみた。
なので、純粋に遠野物語に関心がある方の参考にはならないと思う。

これは原著を読んで、かの地へ足を運んでみる時の必携書という感じ。
柳田國男の名前に隠れてしまった陰の尽力者たち、遠野の語り部と呼ばれるオバチャンたち(失敬)を丁寧に紹介していて好感。
フィールド・マップも付いてるし、もう行くしかない。

・・・ま、僕は原著を読んだらね!


〈ふくろうの本〉関連記事:
西尾哲夫「図説|アラビアンナイト」| 2009.10.21
岩田託子、川端有子「図説|英国レディの世界」| 2013.09.24
ダーリング・ブルース、ダーリング・常田益代「図説|ウィリアム・モリス」| 2013.11.05
栗生沢猛夫「図説|ロシアの歴史」| 2015.05.10
辻原康夫「図説|国旗の世界史」| 2016.11.24
0
    | books | 2008.03.04 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top