ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
阿久井義孝(文)、伊藤千行(写真)「ビジュアルブック 水辺の生活誌 軍艦島 海上産業都市に住む」

軍艦島は、巨大な廃墟として紹介される機会が多い。
でも本当は端島という、一企業が岩礁から海底鉱脈を掘削する過程で生まれた半人工の島なのだった。
明治から大正、そして第二次大戦中でさえも建築技術の粋を集めた超過密住宅都市だったのだ。
豊富な写真は、戦後も長らく活況を呈していた時代を教えてくれる。
かつての九龍城を凌駕する衝撃のレトロフューチャーなのでした。
そこに住み暮らし、生まれ育った人の思いが込められた本です。
興味本位の廃墟探訪というのは、大いに違うと感じるはずです。


〈土木・建築〉関連記事:
【最近読んだ本】小野一郎「ウルトラバロック」| 2008.10.13
【最近読んだ本】神谷武夫「インドの建築」| 2008.12.19
【最近読んだ本】神谷武夫「インド古寺案内」| 2008.12.21
【最近読んだ本】谷川渥「死都」| 2009.02.13
【最近読んだ本】南川三治郎「世界遺産巡礼の道をゆく」| 2009.08.10
【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
【最近読んだ本】九龍城探検隊(写真・文)、寺澤一美(絵)「大図解 九龍城」| 2009.11.30
【最近みたDVD】「Holy Night in Cathedral」| 2010.05.06
【最近みたDVD】中国中外文化交流中心「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】元田久治「NEO RUINS」| 2012.06.19
【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子 ―王権と魔除けのシンボル」| 2012.09.20
【最近読んだ本】「れんがと建築」| 2012.10.26
【最近みたDVD】「THE LAST 7」| 2013.12.21
【最近読んだ本】「世界のおもしろい家」| 2014.05.02
【最近読んだ本】大山顕「高架下建築」| 2014.08.06
【最近読んだ本】畠山直哉「BLAST」| 2015.01.05
【最近読んだ本】西山芳一「美しい土木・建築中」| 2015.04.10
0
    | books | 2008.03.10 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top