おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近もらったもの >>
最近読んだ本
田口ランディ「7days in BALI」

作者のエッセイは好きで読んでいたが、小説は短編集ぐらいしか知らなかった。
屋久島やベトナムのエッセイ、そして台湾で読んだ短編集。
そのせいか、この人がバリを舞台に書くのが違和感なく思えたのだった。

バリには一度も行っていないが、女性誌的なリゾート地といった印象は持っていない。
河野典生中沢新一、ガムラン、ケチャ。
中学から成人に至るまでの間、それらを通して強く惹かれたイメージ。
そんな世界が、今も残されているのだと感じられた一冊。

たとえばシュタイナーとかカスタネダとかの世界は、改めてその中に生まれ直さなければならない位、深く広い気がする。
そしてバリアンの世界もまた、そのように思っている。
田口ランディは、どうやってこの源泉に辿り着いたのだろう?

バイオスフィア・プロジェクトを知ったのは、池澤夏樹だったかライアル・ワトソンだったか・・・?
それも上手く取り込んでいて、同時にニヤリとさせる視点にも好印象。


関連記事:
【最近読んだ本】田口ランディ+AKIRA「オラ!メヒコ」| 2012.05.06
【最近読んだ本】田口ランディ「ドリームタイム」| 2012.03.07

〈バリ島〉関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「地球の“聴き”方 バリ編」| 2010.09.18
【最近読んだマンガ】池田さとみ「さよならのJAMU」| 2016.04.20
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだマンガ】さそうあきら「バリ島物語 〜神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死〜」1巻| 2017.08.05
【最近読んだ本】河野典生「デンパサールの怪鳥」| 2017.09.06
0
    | books | 2008.04.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top