おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近行ったところ | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
恩田陸「まひるの月を追いかけて」

いろんな本の合い間に少しずつ読んでたので、毎回ちょっと前から読み返して。
なので感動とかストーリーで心動かされるという思いはしなかった。
タイトルの意味深さも、読み終わっても分からないし。
やはり、ある程度まとめて読んだ方が物語に入り込めるかも。

ただ、主人公達が辿る奈良の道筋は心に残った。
奈良や京都の神社仏閣は、昔から関心なかったし修学旅行も意味ないと思ってバックレた。
そもそも、目的を定めてガイドブック片手の観光ってのが興味なかった。
なのに読んでいて、無性に同じ道筋を辿ってみたくなってきたのだ。
きちんとガイドブックを買って、小説に描かれたコースを事前にチェックして・・・。
もちろん自分が実際に目にする景色は、こんなふうではないかもしれないけれど。
それでも構わないから、とまで思わせられている。


〈恩田陸〉関連記事:
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04
0
    | books | 2008.05.11 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top