ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
玄侑宗久「アミターバ −無量光明」

作者は現役(というのか?)のお坊さんでいらっしゃるそうで。
主人公は末期ガンで入院中の女性、その娘婿として描かれる僧侶に作者の姿が反映されているようです。
作中の彼が語るニューエイジ/スピリチュアルや先端物理学の話題、
解らない人には取っ付きにくいかもしれませんが個人的には違和感なく織り込まれてるなと。
むしろ、お坊さんがこうした範囲まで勉強されている時代を心強く思ったり。
主人公である女性の意識が(外部からは痴呆にみえる)混濁の中でさ迷う様子は、
そうした現場を見つめ続けてきた観察力に裏打ちされたリアリティーを感じました。
徐々に無量光明の世界へと融けてゆく心は、とても美しい。
誰かを亡くした方には救いとなるような、
そしていつかは死にゆく誰もが恐れなく受け入れていける気がします。
末期医療に携わる方だけでなく、というか死から目を背けようとする人は読むと面白いんじゃないかな?
もちろん、文学作品としてもユニークで楽しめました。


関連記事:【最近読んだ本】安達千夏「モルヒネ」| 2008.06.05
0
    | books | 2008.05.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top