おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みた夢 | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
立花隆「解読『地獄の黙示録』」

もう何度、読み返した事か…。
中身はタイトルのとおり、映画「地獄の黙示録」を読み解いた名著。
この一作で「ゴッドファーザー」シリーズで築いた身代を傾けたという、
フランシス・F・コッポラ監督の渾身作。

高校時代、ばか話ばかりしてくれた教師が言っていた。
「この映画は単なる戦争娯楽ものではない、深淵なる哲学作品なのだ」と。
確かに後半が神話的で、非常に思わせ振りだとは感じていたのだが…。
以来ずっと気になっていた謎が、この本で理解できた。

そればかりか、たとえば「薔薇の名前」や「ダ・ヴィンチ・コード」といった難解な映画を観る上でも参考になると思う。
優れた物語は重層的で、読み手にあわせて内容を変える。
そこが単一の構造しか持たない論文形式のメッセージとの大きな差だろう。
あの映画と、この一冊があれば、新たな発見と共に自らの成長を感じることもできる。
ま、万人に薦めたりはしないけども。


再読[2013.07.08]
0
    | books | 2008.05.31 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top