ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近みたビデオ >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」

何度、読み返した事か。
そのたびに新鮮な寓話、という意味ではパウロ・コエーリョ「アルケミスト」とも似ているかも。
今から35年以上前に意訳した五木寛之は、解説にてブラッドベリの評を引用している。
曰く「読む者がそれぞれに神秘的原理を読み取ることのできる偉大なロールシャッハテスト」と。

しかし今回、読み返してみるとこの解説も面白かった。
当時の、若き五木はこの作品に対し慎重に距離を置いている。
彼の予言は当たっていたのか、いま改めて尋ねてみたい気がしたりして。

物語の後半、何年も経ってから書かれた次作「イリュージョン」の重要なテーマが表れる。
そんなことを今になって気付いた。
個としてでなく、集団としての人は目を覚ます日が来るだろうか。

追記・「イリュージョン」は、村上龍バージョンの他に、
佐宗鈴夫という翻訳家が新たに訳したバージョン(副題・悩める救世主の不思議な体験)が出されているようだ。
佐宗鈴夫という名前は、そういえば「荒野へ」の訳者でもあった。気になる。


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】村上龍 (訳) 「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】平尾圭吾(訳)「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2010.12.26
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2011.02.03
【最近読んだ本】佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」| 2014.01.07
【最近読んだ本】五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」| 2017.12.21
0
    | books | 2008.06.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top