おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
こうの史代「夕凪の街 桜の国」

「感動の名作、ついに映画化!」
みたいな謳い文句に飾られた、少し前の邦画があった。
もちろん観たりしない。

「広島イコール原爆」といった図式的な感じとか、
「戦争イコール反対」的な思考停止には違和感を覚えてしまう。
だけど、その原作に興味があった。

こうして読む機会があり、子どもらが遊ぶ公園で夕陽を浴びながら本を閉じた事を。
しあわせにおもう。

広島と原爆の間にある筈の何か、
戦争と反対の間にもあるだろう何か。
ひょっとしたら、
それは激しいスローガンや、
教化啓蒙のニオイを感じる表し方とは、
少し離れた場所にあるのかもしれない。
否定ではなくて。

たとえば家も仕事も失ってしまった人たちが一時的に暮らしていた、
まぼろしの集落。
以前、何かで読んでから気に懸かっていた事柄の一つ。

この本では泣くまい、そんな気持ち。
涙を流してスッキリさせてしまわずに、
まだ分かった気にはなりたくない感じで。


〈こうの史代〉関連記事:
【最近読んだ本】こうの史代(絵と文)、宮部みゆき(原作)「荒神絵巻」| 2015.10.10
【最近読んだマンガ】こうの史代「ギカタウン 漫符図鑑」| 2020.02.05

関連記事:
【最近おもったこと】形容詞には範囲がある| 2011.09.04
【最近読んだ本】広島テレビ放送・編「いしぶみ 広島二中一年生全滅の記録」| 2012.07.19
【最近みたDVD】「風が吹くとき」| 2015.03.18
0
    | comic | 2008.07.03 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top