ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
木原浩勝「隣之怪 木守り」

現代版の神仙・怪異譚。
作者は新耳袋にも関わっているようで、よくあるホラーや単なるオバケ話では味わえない“投げっぱなし感”が心地よい怖さ。

夏バテに辛いものや熱い料理が効くように、
怖さには心のスパイス成分が含まれている気がする。
だから時々、気分をシャキッとしたくなって、この手の本を手に取る。

中でも、こういった不条理かつ断片的な短い話が僕は好き。
よく研究してる、なかなかこうは書けないと思います。


〈木原浩勝〉関連記事:
【最近読んだ本】「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】中山市朗(共著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだ本】「九十九怪談 第一夜」| 2018.10.24
【最近読んだ本】「隣之怪 第四夜 息子の証明」| 2019.01.18
【最近読んだ本】「九十九怪談 第四夜」| 2019.08.13
【最近読んだ本】「九十九怪談 第五夜」| 2019.08.17
【最近読んだ本】「九十九怪談 第九夜」| 2019.10.12

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」 | 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
【最近読んだ本】戸神重明「怪談標本箱 生霊ノ左」| 2018.05.30
0
    | books | 2008.07.18 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top