おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
布袋寅泰「SOUL SESSIONS」

なんか今更なんですが。
しかし彼のギターは、久しぶりに聴いても堪らん。
まさか未だにラットで歪ませてる筈ないんだろうが、この毛羽立ちとコンプの感じにはゾクゾクする。

見た目と違って人脈作りに長けた彼の戦略が、人選にも見え隠れしますね。
ま、おかげで聴いた事ない人+聴いた事ある人の意外さを知る機会になりました。

土屋アンナは初めて聴いたが、顔が川村かおりに似てるだけかと思ってたら声も良かったり。
RIP SLYMEのマッシュアップも思った以上だったり、
デヴィッド・サンボーンは相変わらず仕事を選ばないなーとか。
やっぱ吉田美奈子は一度聴き込んでおかなきゃとか、
中村達也も町田町蔵も好き好んで引き受けそうにないけどなーとか。

ブライアン・セッツァーは別格なので、敢えてノーコメント。笑
以下、曲名/フィーチャリング・アーティスト名。


01・Queen of the rock/vs. 土屋アンナ
02・Battle funkastic/vs. RIP SLYME
03・Phoenix/vs. DAVID SANBORN
04・東へ西へ/vs. 井上陽水
05・タンタルスの誤読/vs. 町田康
06・Stereocaster(album mix)/vs. Char
07・Take a chance on love/vs. BRIAN SETZER
08・Since 1955/vs. Char
09・Back streets of Tokyo/vs. BRIAN SETZER
10・ボルサリーノ/vs. 葉加瀬太郎
11・Mirror ball〜奇跡の光/vs. 吉田美奈子
12・カラス/vs. 中村達也
0
    | music | 2008.07.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top