ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近行ったライブ
ノルウェー出身のジャズ・カルテット、「SPHINX」。
非常に狭いライブハウスでしたが、おかげで超至近距離!でした。

村上春樹の作品にインスパイアされた「AFTER DARK」を皮切りに、ムンク「叫び」にインスパイアされた曲など、
冬の朝の風を思わせる1セット目。
休憩を挟んで、やや叙情的な印象の2セット目。

全体的にフリー・ジャズのニュアンスと現代音楽的な静と動のコントラストが際立つ、
型に囚われない勢いはジャズに無縁の新しい聴衆を獲得するという確信を抱かせてくれる。
具体的には、アンビエント・ミュージックに馴染んだ世代に体感していただきたい。

そして実験精神あふれるサウンド・パフォーマンス、これはスウェーデン出身のE.S.T.にも相通じる。

ただしSPHINXの場合、ピアノ線をピチカートで鳴らしたり片手でミュートして鍵盤を弾く他、
ダブルベースの弦をチョップして鳴らしたり、
スティックの先端にスーパーボール(!)を取り付けてタムやスネア表面を擦るなど、
外部要素でなく楽器から新たな可能性を引き出しているのが特徴。
それが奇をてらうアクションでない事は、聴けば分かる。

死んでいたジャズを再生させる、北欧のシャーマンたち・・・とは大げさか。


関連記事:
【最近聴いたCD】SPHINX「Bohemian Sketches」| 2008.09.18
【最近聴いたCD】SPHINX「SPEAKS THE RIDDLE OF THE UNDISPUTED TRUTH」| 2008.09.20
【最近聴いたCD】EPLE TRIO「THE WIDENING SHARE OF INFLUENCE」| 2011.01.21
【最近みたライブ】「グロンセット&スキナー デュオコンサート」| 2011.11.02
【最近聴いたライブ】EPLE TRIO at エアジン| 2012.06.26
0
    | visited / plan | 2008.09.04 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top