ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
キース・ジャレット & ジャック・ディジョネット「ルータ・アンド・ダイチャ」

ECMといえば、やはりキース・ジャレット…っ!
という先入観から聴いてみる第三弾。

といっても基本的にはキース(pf)にゲイリー・ピーコック(b)とジャック・ディジョネット(ds)を加えた、
スタンダーズのトリオ編成で定点観測してみようと。

なぜならキースのソロは難解だという評価を聞くし、
この2人は自分の中で(ECMのアーティスト)といった勝手な認識があるから。f(^_^;)"

ですがこのアルバム、
実はジャックとのダブルネームでゲイリーは不在。
ただ'71年の録音で、いわばトリオ結成前夜…といったところでしょうか?
それに、いわゆる名盤らしいので。

しかし中身は印象とは大きく異なり、クロスオーバー期の革新的な一枚でした。
キースがエレピやオルガン(しかもフルートまで)演奏している、
しかもワウとかエフェクト効かせてる〜!?

これはこれでチャレンジングというか楽しめるのですが、
アヴェレージ・ホワイト・バンドとかタワー・オブ・パワーなんかを連想してしまったり…。

あまりに聞く意図とは離れ過ぎて、どうも入れませんでした。<(_ _)>"
まぁキースさんて、噂に聞くほど堅苦しくなく柔軟じゃないんですか?…ってのは収穫ですね。


〈ECM〉関連記事:
【最近聴いたCD】キース・ジャレット・トリオ「アップ・フォー・イット」| 2008.09.05
【最近聴いたCD】ゲイリー・ピーコック「テイルズ・オブ・アナザー」| 2008.09.07
【最近聴いたCD】キース・ジャレット・トリオ「星影のステラ」| 2008.09.10
【最近聴いたCD】キース・ジャレット・トリオ「ジ・アウト・オブ・タウナーズ」| 2008.09.13
【最近聴いたLPレコード】V.A.「ECMスペシャルVI ニュー・ミュージック・イン・ベース」| 2008.09.14
【最近聴いたCD】WALTER LANG TRIO「THE SOUND OF A RAINBOW」| 2015.11.11
【最近聴いたCD】EGBERTO GISMONTI「DANCA DAS CABECAS」| 2016.12.21
【最近聴いたCD】RALPH TOWNER「My Foolish Heart」| 2019.11.23
0
    | music | 2008.09.09 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top