ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
原田詠志斗「アイヌの治造」

副題には「ふたりの男が出会わなければ、生まれなかった物語。」とあり、
これは治造と出版前に急逝した著者との交流に近しい人達が刊行した自費出版本である。

大昔のアイヌ文化でなく、ひと昔ばかり地続きの現実を生きている人の思い出語り。
それはまさに著者が差し向かいで酌み交わし、耳を傾けた言葉なのだろう。

今年で70になる治造は、高度経済成長に走り出す時代の中に生まれ育った。
しかし彼が20を過ぎても、時代の恩恵は一向に感じられない。
雪深い村の、厳しい中で自然と共生する日々に圧倒される。
そしてまた、彼に狩猟採集民族の生き様を感じて。

ただ実際に、著者の立場に自分を置き換えたとしたら、
日々の生活の中でどれだけ個人的な昔話を聞き続けられるのだろうとも思う。
更に言えば、いかに魅力的な人柄であるとはいえ、
あまりに昔気質な価値観と相対して付き合う事が自分に出来るだろうか?

そこまで考えてしまうのは、実は僕自身が直に会って話を聞きたくなったからだ。
だからこそ、礼を失する事なく全う出来るのかと、
単なる懐古主義的な観光気分でなく、
彼の人が受け継いできた智恵と経験を分かち合えるのかと己に問わずにはいられない。

でも、核家族制が個別化に進む今と未来を思うと、
新たな共生の道も古くからの道を絶やさずに活かす方に光を感じる。

なんて大袈裟な感想だけど。
何といっても写真に映る人々の顔が誇りと感謝に満ちていて、
見とれるほど美しいのだ。


関連リンク
「千葉県君津カムイミンタラ」←治造氏が拓いた場所(要予約)
「ドキュメンタリー映画 TOKYO アイヌ」←治造氏が登場する映画(公式HP)
「ドキュメンタリー映画「カムイと生きる」」←本書が原案となった映画(公式HP)


〈アイヌ〉関連記事:
【最近読んだ本】別冊太陽「先住民アイヌ民族」| 2007.08.15
【最近聴いたCD】オキ「ノーワンズ・ランド」| 2010.08.19
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」1巻| 2011.08.08
【最近読んだマンガ】手塚治虫「シュマリ」2巻| 2011.08.11
【最近読んだ本】木割大雄「南のくにに雪だるま」| 2012.03.04
【最近読んだ本】「AINU ART ― 風のかたりべ」| 2013.11.02
【最近読んだマンガ】野田サトル「ゴールデンカムイ」1巻| 2016.11.12
【最近読んだ本】熊谷達也「ウエンカムイの爪」| 2017.10.08
0
    | books | 2008.09.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top