ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたLPレコード >>
最近聴いたCD
キース・ジャレット・トリオ「ジ・アウト・オブ・タウナーズ」

ECMレーベル、といえばキース・ジャレット。
彼の作品を聴いてみる、その五枚目。

トリオ編成は変わらず、ゲイリー・ピーコックとジャック・ディジョネット。

このトリオのアルバムは、どうやら
「スタンダード曲をライブ音源でリリースする」と決めてるみたいです。
端正でいて、場を共有するような心地好さが万人向けかと。

僕の思っている(ECMらしさ)は感じられず、更にはキース独特の唸り声(?)も微かに聞こえる程度。
あまり専門的な事は解らないけれど、クセがなく無難に聴こえるのは物足りなくもあり流しっぱなしにするとオサレかも。

まぁトリオ結成20年、しかも前作「UP FOR IT」では
メンバー全員が病気や怪我から回復しきれていない有り様だった…と、キースがライナーに書いていた。

そのライブは'02年で、つまり前作よりも1年前の音源を後になってリリースしている事になる。
それが何を意味しているのか、とはいえ最近までトリオ名義のアルバムが出ているのでライブも続けているのだろう。


追記:このアルバム・タイトル、名作コメディ映画「おかしな夫婦」の原題と同じなんですねぇ・・・関連性はなさそうですが。


〈ECM〉関連記事:
【最近聴いたCD】キース・ジャレット・トリオ「アップ・フォー・イット」| 2008.09.05
【最近聴いたCD】ゲイリー・ピーコック「テイルズ・オブ・アナザー」| 2008.09.07
【最近聴いたCD】キース・ジャレット & ジャック・ディジョネット「ルータ・アンド・ダイチャ」| 2008.09.09
【最近聴いたCD】キース・ジャレット・トリオ「星影のステラ」| 2008.09.10
【最近聴いたLPレコード】V.A.「ECMスペシャルVI ニュー・ミュージック・イン・ベース」| 2008.09.14
【最近聴いたCD】WALTER LANG TRIO「THE SOUND OF A RAINBOW」| 2015.11.11
【最近聴いたCD】EGBERTO GISMONTI「DANCA DAS CABECAS」| 2016.12.21
【最近聴いたCD】RALPH TOWNER「My Foolish Heart」| 2019.11.23
0
    | music | 2008.09.13 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top