ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたLPレコード | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
光田康典「アン・キニュント」

今までに唯一、聴いた事があるゲームのサントラ。

本来は「tsugunai 〜つぐない〜」という、
ソニー・コンピューター・エンターテインメント製作のRPGゲームに作られた音楽なのだが、
権利関係の事情でタイトルを変えて録り直し、
アーティスト自身のレーベルからリリースされている。

冒険者が知らずに犯した禁忌により落命し、再生のため人々に憑依し願いを叶えてゆく…という、一風変わった趣向のゲームだった。
決して売れ線ではないが作り手の気骨が感じられ、個人的には割と好感度が高い。

自動生成ダンジョンの最深部で流れる「火の灯る樹」が、ある時期の僕に深い癒しを与えてくれた。
そこで捜し当てて購入したら良心的価格の2枚組、それは嬉しかったのだが…。
目当ての曲を含め、殆どがゲームで使用された2〜3フレーズのリピート&フェイドアウトだったのは残念だった。

それぞれを独立した楽曲として聴くのでなく、トータルにBGMとして流しておくには相応しい。
アイリッシュ/ケルティックに統一されたシークエンスは、主張せず集中力を妨げないので何をするにも気が削がれず適度にリラックスできるのだ。

あの「クロノ・クロス」を手掛けた直後の作品であり、光田サウンドのファンには強く薦めたい。


再聴|2011.02.02
0
    | music | 2008.09.15 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top