ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
リチャード・バック(著)、村上龍 (訳) 「イリュージョン」

この本もまた、数えきれないほど買っては読み返している。
今度こそは村上龍ではない訳者によるバージョンを読んでみたかったが、
手に入ったのは馴染み深い村上訳。

「やあ、君がなぜか寂しそうに見えたんだよ」
「君だってそう言えばそう見えるぜ」
「じゃまかな? じゃまなら消えるけど」
「いや、待ってたのさ、君をね」
「そうかい、遅くなってごめんよ」

二人の飛行機乗りが出会う、この会話を読むたび胸に何かひたひたと迫ってくる。

読むたびに新たな気持ちと発見がある。
成長というものか判らないが、自分の変化が一つの物語に奥行きを生む。

たとえば今回、些細ではあるが印象的だったのは…。
少し前に流行った、ボニー・ピンクの「A perfect Sky」について。

「空はいつだって完璧さ」
「一秒ごとに変化してるのに完璧だって、そう思うか?」
「ああ、海もそうだ、完璧だ」
「完璧であるためには、一秒ごとに変化しなくてはならない、どうだ、勉強になるだろう」

どんな小さな声の中にも、世界は同じ唄を歌っている。
たった一つの唄でも、一度として同じ色のない空のように。
…まぁ僕には上手く言葉に出来ないけれど。

彼らの、夏の終わりの短い旅は、いつも僕をかすかに寂漠とした気持ちにさせる。
それは宇宙の星座や銀河、すべての星を取り巻く絶対的な無を想像する感じに似ている。

「暑い日にね、深い湖に飛び込むような感じがするんだ」
僕が心の内で、最も引用する台詞だ。


〈リチャード・バック〉関連記事:
【最近読んだ本】平五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2008.06.08
【最近読んだ本】平尾圭吾(訳)「ONE」| 2009.08.28
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2010.12.26
【最近読んだ本】五木寛之(訳)「かもめのジョナサン」| 2011.02.03
【最近読んだ本】佐宗鈴夫(訳)「イリュージョン 悩める救世主の不思議な体験」| 2014.01.07
【最近読んだ本】五木寛之(創訳)、ラッセル・マンソン(写真)「かもめのジョナサン【完成版】」| 2017.12.21

〈村上龍〉関連記事:
【最近読んだ本】はまのゆか(絵)、Ralph McCarthy(訳)「ポストマン」| 2009.09.15
【最近読んだ本】ベン・シモンズ「東京欲望」| 2011.05.07
【最近みたDVD】村上龍「CUBA〜音楽の勝利」| 2013.01.02
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」| 2014.01.01
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」(再読)| 2017.11.21
0
    | books | 2008.09.17 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top