ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだ本
宮部みゆき(文)、黒鉄ヒロシ(絵)「ぱんぷくりん」2巻

これは、絵本ですかね。
鶴之巻と、亀之巻があります。

宮部さんが、縁起物を題材にしたショートショートを書いて。
黒鉄さんに絵をつけてもらった、その嬉しさの響きがタイトルになったそうです。

という訳で、子供にも大人にも読める、古いようで新しい感じの絵草紙になりました。
まぁ流行作家が余技みたいな本を出す、というパターンの一種かもしれません。

何か知恵が付くでもなく、救われるような心の物語でもないけれども。
こういった軽い遊びの中に、作家のスタンスが汲み取れるような。
という意味では、宮部さんらしい。

しかしながら黒鉄さんの絵が、見馴れたマンガのタッチではなく絵本向きになってるのが最も印象的でした。
色使い、レイアウト、表情など、まるで普段とは違うので…。
つまり黒鉄さんも、引き出し豊富で器用な方なんですねぇ。


〈宮部みゆき〉関連記事:
【最近読んだ本】宮部みゆき「日暮らし」上下巻| 2007.06.24
【最近読んだ本】宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」| 2007.10.17
【最近読んだ本】宮部みゆき「天狗風」| 2008.05.03
【最近読んだ本】宮部みゆき「幻色江戸ごよみ」| 2008.05.17
【最近読んだ本】宮部みゆき「平成お徒歩日記」| 2008.05.19
【最近読んだ本】宮部みゆき「今夜は眠れない」| 2008.05.21
【最近読んだ本】宮部みゆき(作)、吉田尚令(絵)、東雅夫(編)「悪い本」| 2013.01.27
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】こうの史代(絵と文)、宮部みゆき(原作)「荒神絵巻」| 2015.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「ホラー・コネクション」| 2016.08.15
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
0
    | books | 2008.10.04 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top