ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近みた夢 >>
最近読んだ本
岡本綺堂「中国怪奇小説集」

すっかり忘れていたが、これは以前にも購入して読んだ事があった。

小石川の青蛙堂(せいあどう)で催された、志怪の書にまつわる例会…という体裁を用いているのが何よりユニーク。

採話文学と怪談、それは先日読んだ松谷みよ子の本小泉八雲などを思わせる。
本作の内容は、古くから中国に伝わる書物の神仙怪異譚を選り抜いて紹介するものだ。
それらの多くは日本で実在した人物のエピソードや、文学芸能の中に取り込まれているという。

それを敢えて、好事家の集いの場で語られる風にして、
時代の古い順から交替で出典元に触れながら話し始めるように書いているのが面白い。

きっと著者は、単に日本の文化に影響を与えたオリジナルだけでなく、より系統立てて紹介したかったのだろう。
しかしまた同時に、怪談の(語る)という要素にも気を配ったという気がする。

ただ日本的な怪談とは異なり、大陸的というか冷めて乾いている。
一話が短く簡潔(の割に仔細な人名役職!)で、それ故にシュールで特異な読後感が堪らない。

南伸坊「仙人の壺」「李白の月」で知った志怪の世界、
興味ある方にはこの2冊からお奨めします。


〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
0
    | books | 2008.10.07 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top